« 今こそ自己変革のときなのです。 | トップページ | 人生と選択ダイジェスト »

2013年8月18日 (日)

見る位置をかえて観る

 

  

誰かの言葉に怒ったり、悲しんだり、気分を害したり、把われたり、感情に振り回されたりするのは、そこに意識を合わせてしまっているからです。

相手に意識を合わせるのはいいことなのではないのか?

そう思われるかもしれませんが、相手が情緒不安定であったとしたら、怒りの塊の状態であったとしたら、自分も同じ状態になってしまうということです。

そこで波長が合ってしまい、いさかい、争い、喧嘩、が起きるのです。 あるいは自分がそのエネルギーを抱え込んだままになる(ストレス)

どちらかがまったく冷静沈着であれば、絶対にそのような現象は起きない。

怒っている人、冷静沈着(完璧な状態で)な人はどう違うのか?

それはまったく違う世界(次元)にいるのです。

怒りの世界にいる人は、心が乱れ、地獄のような世界にいる

一方、冷静な人は、天国のような境地にいる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だから合わせようとしても

水と油のように絡まないのです。

違うエネルギーは絶対に共鳴しないのが宇宙の法則です。

溶け合わないのです。

私たちは、感情的になっているときは必ず

低次元意識に波長が合ってしまっています。

いつの間にか低次元の想念エネルギーの渦の中に巻き込まれています。

それでいて

自分がどこにいるのか がまったくわかっていないのです。

自覚がないのです。

これは危険な状態なのです。

自分を客観的に観て

「あっこれは危険な状態だな」

と感知することが出来れば

気持ちをリセットすることが出来る

冷静になろうという切り替えも出来る

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし今は、マイナスの想念エネルギーがかなり強くなってしまっているので

自分でコントロールすることが難しいのです。

難しいのは確かなのですが

なんとかしなければいけないのです。

それは

みんながマイナスの想念エネルギーに同調して狂ってしまうからです。


そうならないためにどうしたらいいか?

例えば

幼い子がお母さんと買い物に行って

欲しいものがあると駄々をこねているとします。

地べたに寝転んで

「買って、買ってぇ~」 と叫んでいる

その声は大きくフロアー全体に響き渡っている

周り人は、静かに買い物をしているのにちょっと気分を害している

みんなそこを振り返り

お母さんはどうしているの?

なんとか泣きやましてちょうだいと願っている

しかし冷静なお母さんは

そんな周りや、我子に振り回されることもなく

ちょっと離れたところから我子を見守っている

泣いていようが、癇癪を起していようが、買い物客が幼子に声をかけようが、迷惑がられようが・・・

そしてしばらく放っておくと

幼子はあきらめて

お母さんを捜し出す

見つからないので不安になって

おもちゃのことも忘れて捜し出すのです。

そしてしばらくして現われたお母さんを見て

歓喜の表情を浮かべる・・・・・・・・・・・・

ほんとうの親というのは、木の上に立って見ると書くように

子を離れた場所から客観的に観ているのです。

決して子の感情と一体となっていない

別次元のところにいるのです。

だから泣きわめいていようと波長が合わないのです。

しかし子と波長が合ってしまっているお母さんもいます。

大人であっても、相手の感情に合わせてしまっている人がいます。

というかほとんどの人は多かれ少なかれ

相手と合わせているのです。

しかし相手がいい波動(エネルギー)を放っているときもあり、すべてを合わせてはいけないというのではない

だったら

今は合わせてもいい

今は合わせてはいけない

この人はいい

あの人はいけない

といちいち区別をしなければならないのか?

またそのような選択をしてエネルギーを受けたり受けなかったり出来るのか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな器用なことは出来なのです(笑)

だったらどうしたらいい

それは賢明なお母さんのように

ずっと親であり続けるのです。

次元を変えたところから

一段上の次元から

物事を見

人と接していくのです。

それは肉体意識から意識を外して

別次元の意識に昇格することを言います。

それが宇宙意識であり神意識なのです。

いきなり肉体意識から宇宙意識なのか?

と驚かれるかもしれません

しかし肉体の横には、マイナスの想念エネルギーがたくさん詰まった潜在意識の幽体があり、その先には少し浄まった霊体があり、またその奥まで行かないと浄化されたまったく汚れていない神界まで行かないのです。

神界がすなわち宇宙であり、守護神が住んでおられる、そして本当の自分が居る世界なのです。

今、肉体界は幽界と一体となっています。

ちょっと油断をすると

すぐに幽界のおばけちゃんにもて遊ばれてしまう

自分が自分(ほんとうの)でなくなってしまうのです。

そうならないためにも

昨日、説明しました印を組む、宇宙神と波長の合う「世界平和の祈り」を祈るのです。

自分の本体は神界にいるんだ!

自分は感情の世界(幽界)にいるのではない!

今のままの意識(肉体意識)ではどんなにあがいたところで絶対に3次元的なことは解決しないんだ!

答は、目にみえる世界(肉体界、3次元)にあるのではない、目にみえない高い世界(霊界、神界)にあるんだ!


自分の怠惰な意識、マイナス意識(低次元意識)を変えるには、自分のエネルギーを変えるしかないんだ!

次元を上げることで人間は、自分は進化向上していくんだ!

と強く意識をすることが大切なのです。

そして自分の意識を神界、宇宙、本心に合わせることで

自分の意識を次元を変えることが出来るのだと自覚してください。


素晴らしい自分とは、今の肉体の自分ではないのです。

神界にいる自分が肉体界に降りてきて実現するのです。


神界(ほんとうの世界)に意識を合わせる方法が祈りであり、印であり、マンダラなのです。

 

 

 

« 今こそ自己変革のときなのです。 | トップページ | 人生と選択ダイジェスト »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/52926917

この記事へのトラックバック一覧です: 見る位置をかえて観る:

« 今こそ自己変革のときなのです。 | トップページ | 人生と選択ダイジェスト »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ