« お金はおかっね~ | トップページ | 人生と選択ダイジェスト 3 »

2013年8月19日 (月)

人生と選択ダイジェスト 2

 

P54

・・・苦悩の一番の原因は “執着” です。 これが解けたらどんなに自由になるでしょうか。

一人一人が無執着になったらどんなに素晴らしい人生を生きていかれるでしょう。

お金に執着する人。病気に執着する人。アレルギーに執着する人。自分の子どもに執着する人。 先祖代々の家や土地に執着する人。 そして自分自身への執着・・・・これが一番多いと思います。 執着とは把われです。 いつも自分が自分に把われている。

自分、自分。 何かが起れば心配、心配。 何かが起れば不安、不安。

何かが起こればどうしよう、どうしよう。

その不安や恐怖やイライラは、外から一つのものが現われて、自分の中を通過した時に発生するものです。

つまり外から現われてきた現象のように感じられます。

しかしその原因はあくまでも自分です。


P57

朝は何時に起きて顔を洗って、食事をして会社に行く。子どもの世話をする。ボランティアをする。 昼間になったらお掃除、洗濯をして昼食を摂って、また会社に行って、やっと終わったら同僚と飲みに行ったり、それから子どもが帰って来る、夕食の世話をする。

それで、テレビを見て寝てしまう。刺激も喜びもない同じ状況が、毎日繰り返されていく。

そうしたマンネリの中では、人間というものはだんだん燻(くすぶ)ってしまいます。

「あれもしたい、これもしたい、こういうふうになりたい、こういう勉強もしたい。 でもお金がない。時間がない」。 ないないずくめの中で

「仕方がないのよ、私は。 こういう状況だから。 こういう環境だから」 と諦めて、ますます燻ってしまう。

そうした抑圧されたエネルギーは、自分の中に蓄積されているのです。一瞬一瞬の想いというものは、どんどん蓄積されていきます。

ふっと思って消えたからといって、一瞬にしてなくなると思ったら大間違いです。



 
P58

尤も抑圧されたエネルギーは、いつもはコントロールされています。

「これはやってはいけないことだ、これは避けなければいけないことだ」 と。

しかし、消えたのではなく抑圧されているのですから、いつかそのエネルギーはパーッと爆発してしまうのです。

これが事故を起こしたり、病気を起こしたり、相手と喧嘩になって闘争になって離婚沙汰になったり、子どもを虐待したり・・・・マイナスの想念がマイナスの状況をもたらすのです。

これらは偶然外から起きた状況だと思うかもしれません。

事故も 「相手が悪い、こっちはきちっと信号を守り、速度を守り、自分には悪いところはない」 と思うかもしれません。

でも、それは因縁因果の関係で、相手がぶつかるような原因を自分がつくってしまっていたのです。

自分で自分の知らない内にマイナスのエネルギーが溜まりに溜まって、誰かを通して事故として爆発させたのです。

天変地異も人類一人一人の抑圧されたエネルギーなのです。



 

 

« お金はおかっね~ | トップページ | 人生と選択ダイジェスト 3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/52940422

この記事へのトラックバック一覧です: 人生と選択ダイジェスト 2:

« お金はおかっね~ | トップページ | 人生と選択ダイジェスト 3 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ