« 霊能者と霊覚者とは違う | トップページ | 想いのすべてを宇宙に投げ入れよう! »

2013年8月15日 (木)

人間は誰かに愛されたいのです


 
相談者の人とは、悩みや迷いがあるのではなく、愛が枯渇しているのではないのか?

と思うのです。

悩みとは、闇が波のようにやってくることをいうのです。

その人には、光が足りていない、愛が少ないのです。

愛で満たされると、その人は本来の姿になり、勇気や元気が湧いてくる

人間とは肉体(物質)が人間なのではないのです。

想念、心、エネルギー体(波動体)が人間の正体です。

そして光を得ることによって、生命が活き活きとしてくるのです。

光とはなにかといえば

感謝する心であり、愛です。

神は愛なのです。

か~あ

み~い

そして世界平和の祈りは、どんな人も愛するという

大きな大きな愛に溢れた祈り言葉なのです。

この祈りを祈ることによって人間は、本来の素晴らしい自分(神)に還ってゆくのです。

そして、祈り心で接した人も神に還ってゆくのです。


  

世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされまうように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます




 

人間は誰かに愛されたいのです



愛のない説教などは個人指導においては、なんらの効果のないばかりでなく、かえって人の心を傷つけるぐらいなものであります。

私は私のところにくる人々には、声にでる言葉で説くよりは、世界平和の祈りを心の中でしながら、特にその人の天命のまっとうされることを、守護の神霊に祈ってやりなさい、と教えているのです。

人間は愛されたいのです。 人類すべてに愛が必要なのです。

愛とは説教でも小言でもありません。

柔かい温かい明るい光の波であります。

全身全霊から愛の光がほとばしりでますように、愛の光でみちみちている自分になりますように、私たちの祈りは、世界平和の祈りを根底にして、こうした愛の祈りの日常生活でありたいものです。



        
            「日々の祈り」 五井昌久 白光出版



  




 

« 霊能者と霊覚者とは違う | トップページ | 想いのすべてを宇宙に投げ入れよう! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/52889802

この記事へのトラックバック一覧です: 人間は誰かに愛されたいのです:

« 霊能者と霊覚者とは違う | トップページ | 想いのすべてを宇宙に投げ入れよう! »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ