« クールであり、ウォーム、ですか? | トップページ | 誰かのために仕事をすれば、結果が変わる »

2013年7月25日 (木)

誰かの役に立つことを、仕事と言う

 

仕事に関する本はたくさん出ています。

紀伊国屋さんなどの大きな書店に並んでいる約半数近くは仕事関連ではないかと思うくらいありとあらゆる人がたくさん書いている。

私も自慢ではありませんが、仕事とは何か? という真髄を知りたくて随分読み漁ったものです。

で、結論はというと

仕事とは楽しさややりがいを自分で見い出していくものである

いや、楽しいわけがない、嫌な上司や同僚とも一緒にやらなければならないし、体調が多少悪くても休めないし迷惑はかけられない、自分の思い通りにはいかない、我慢料が給料なのだ、仕事とは修行である

情けない話ですが、これくらいの境地にしかいっていないのです。


そして今気がついたのですが、自分の視点でしか見えていないのです。

だからその景色は、自分から相手の人や物(商品など)を見ているだけです。

しかし、相手の視点から見れば、景色は全然違いますよね。

相手からは私も映っているし、考えていることも私とは全然違う

よくお客様目線なんて言いますが

客観視とはまた違うようです。

客観的に観るとは、自分の肉体から意識を外し、少し離れて全体や自分を観てみるということです。

そうすれば自分を冷静な目で観ることができます。(客観視することはとても大切なことです)

しかし客観視もやはり自分主導です。

相手の視点から見るとは、この上の意識になるのではないか?

今、ふとそう思いました。

ほんとうの相手視点とは、自分という者が居て、相手の立場になるのではなく

自分という我を捨てて、相手と一体となることだと思うのです。

それは愛が深くなくては出来ないことだと思います。

自分の気配を消さなければ本当の相手視点にはならないからです。

そこには自分の都合(利益)は入っていないのです。

それができる人って素晴らしいですね!

尊敬します。









誰かの役に立つことを、仕事と言う

 
 


そもそも仕事とは何なのか。

幸運にも、仕事やキャリアをテーマにした取材を長く続けてきたことで、そんな素朴な疑問に私は何度も向き合うことになりました。

私自身が就職活動で失敗していたり、転職していたこともあって、 「仕事の捉え方」 への興味は、俄然大きなものになったのでした。

成功者の仕事観を聞いて思ったのは、根本的なスタートラインが違うのではないか、ということでした。

ほとんどの人にとって、仕事は生活に必要なお金を稼ぐ場であり、自分の能力を発揮する場であり、自己実現を果す場であり、社会的に所属する場。

もちろんそういう要素が彼らにもないわけではないのですが、それ以上に大きいのは、次の視点だったのです。

「誰かのために役に立てるか」

多くの人が自分視点で考えているのに対して、成功者の多くは相手視点で考えていたということです。

つまり、仕事の受け手から発想している。

この仕事はどんな人の役に立てるのか。 その人たちは、どんなことを考えているのか。 どんなことを課題としているのか。 どんなことに悩み、困っているのか。

それに対して、自分は何ができるのか。 何をすれば、最も役に立てるのか。 最も喜ばれるのか。

常に仕事の受け手を第一義に考える。 その仕事が誰のためのものなのかを強く意識する。

自分のためではなく、その誰かのために仕事をしようとする。

だから、結果が出せるのです。

結果をもたらすのは、仕事の相手にほかならないからです。

仕事とは何か。 シンプルにこう表現する経営者もいました。

「誰かの役に立つことを仕事と言う」

受け手がいるから、仕事はある。

誰かの役に立てるから、報酬は得られる。

自分のためだけの仕事はないのです。

 ━ 第一に、仕事の受け手のことを考えていますか?

 

  「成功者3000人の言葉」 上阪 徹 飛鳥新社

 

« クールであり、ウォーム、ですか? | トップページ | 誰かのために仕事をすれば、結果が変わる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/52596059

この記事へのトラックバック一覧です: 誰かの役に立つことを、仕事と言う:

« クールであり、ウォーム、ですか? | トップページ | 誰かのために仕事をすれば、結果が変わる »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ