« 予習しすぎない | トップページ | 悲観的に準備し、楽観的に対処する »

2013年7月26日 (金)

できるかできないか、ではなく、やるかやらないか


 

物事がうまくいっているときというのは、全然考えていなくて、後から思い返してみると、ほとんど直観で進んでいたことがわかるのです。

それは、多分、考えすぎるとマイナスが入ってそこに感情(勘定=計算)が入るからだと思うのです。

「自分にできるだろうか? いやできないかもしれない、できなかったらどうしよう、できなかったら笑われる、失敗したら恰好悪いしやっぱりやめておいたほうが無難だ」

そうやってどんどん自分を窮屈に縛りつけて心をがんじがらめにする。

可能性を自ら摘み取ってしまう

 だから

「よく考えて返事をしよう」 なんて考えてはダメなんです。

その間にチャンス(好機)、タイミングはどんどんずれていく

いや、 ヒラメイタ(面白そうだ! ビビッと来た!など) そのときだけが絶好のタイミングなのです。

私は直観だけを使って生きています(笑)。

ただし、なにもしなくて、ただ降りてくるのを待っているだけではない

神頼みだけではない

直観とは、自分でやれるだけのことをやった後でしか使えないのです。

価値がないのです。

普段から人事を尽して、相手にも誠意を尽すことをしていて、手を抜かずに小さなヒラメキを疎かにせず、善いと思ったことを積み重ねていく・・・・・

そこで降りて来る直観(チャンス)に値打ちがあるのです。

3次元的なことを 横のライン ━ とします。

直観は 天からの縦のライン ┃ 

3次元的な ━ のラインがしっかりと出来ていないと

大きな プラス 十 にはならないのです。

地に足が着いた大きな十字架(成果)、本物にはならないのです。
 

できるかできないか、ではなく、やるかやらないか

 

大企業のエース級社員にインタビューをしていて、意外な言葉に出会いました。

どうして、このような実績を挙げることができたのか、という私の問いに、彼はさらりとこう答えたのでした。

「できるかできないか、は関係がないですね。結局、やるかやらないか、なんですよ」

人は何か新しい仕事を振られたとき、まずそれができるかどうかを考えます。

フリーランスの私もそうです。 できないことをできると言ってしまったら、もしかしたら取り返しがつかなくなるかもしれない。

しかし、まったく違う仕事観を持っている人もいます。

起業家やスポーツ選手などからも同じようなコメントをもらったことが少なからずあるのですが、

「できるかできないかを考える前に、まずはやってみる」 と言うのです。

できるかできないか、で判断してしまったら、できることしかやらなくなってしまう。

しかし、とりあえずやってみるのだ、と決めてしまえば、できなくてもやるしかなくなる。

こうやって自分を追い込んでいく、というわけです。

これが、大きな成果をもたらすのです。

もしかすると、考え方の回路の違い、なのかもしれません。

「今できるかどうか」 という発想ではなく、

「これを機会に、できないことができるようになるかもしれない」 という発想です。

自分にはできないから、といって、新しいことになかなかチャレンジしない人がいます。

しかし、その発想を続けていたら、いつまでたっても前には進めません。

やってみないと、できるようにはならないのですから。

もし私が上司だったら、やってみる部下に仕事を振るはずです。

もし、誰かリーダーを担ぐとしたら、やってみるリーダーについていきたいと考える人が多いはずです。

やってみる人になったほうがいいのです。

 

━ できるできないか、から考えていませんか?

 「成功者3000人の言葉」 上阪 徹 飛鳥新社




 

« 予習しすぎない | トップページ | 悲観的に準備し、楽観的に対処する »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/52613265

この記事へのトラックバック一覧です: できるかできないか、ではなく、やるかやらないか:

« 予習しすぎない | トップページ | 悲観的に準備し、楽観的に対処する »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ