« 人は磨けば輝くダイヤモンドである | トップページ | 「あおいくま」 2 »

2013年7月 3日 (水)

「おおいくま」 1

 

「あおいくま」 なんのこっちゃ?

先日行なわれた調和波動気功法のセミナーで于先生が講演の中でおっしゃっておられたそうです。(私は高校の同窓会で欠席していました)

この言葉は、モノマネ芸人のコロッケさんがお母さんに教えてもらい、人間関係で行き詰ったときに想い出し、乗り越えて来たのだそうです。

 

あ は 焦るな!

お は おごるな!

い は いばるな!

く は くさるな!

ま は まけるな!



単品で読むとそうでもないのですが、5つ重なるとかなりインパクトがある。

人間はなんとかしようとしてどうしても焦ってしまう

しかし焦っているときは平常心ではないので思わぬ落とし穴があり、焦ると焦げつき、取り返しのつかないことになってしまう

おごるな!

調子のいいときには、人間は天狗になる、周りの人が注意してくれないといつの間にか自分の周りには人がいなくなっていることに気づく

いばるな!も おごるな!に似ているようだけど2つ続けていることに戒めの強さを感じる

くさるな! 善くなるためには必ず試練がある、その試練にめげていては平坦な道はやって来ない

まけるな! あらゆる感情に勝って乗り越えた人にだけ、心の平安、つまり幸せは訪れる、最後は根性、精神力なのかもしれない・・・・・・・

一日に何度も

「あおいくま」 「あおいくま」 「あおいくま」 って繰り返し自分に言い聞かせると、きっと人間関係は良くなっていくのだと思う。

そんな単純な! と思われるかもしれないが

この言葉(魔法の言葉)には、愛が詰まっていると思うのです。

愛の言葉は伝わるのです。

そして、言葉は人間の原点なのです。

「言葉はすなわち神なりき」 (イエス・キリスト)

コロッケさんのお母さんがつくった言葉なのか?

他の誰かがつくったのか?

それは知りませんが

コロッケさんのお母さんの息子に対する愛が

言葉にエネルギーを与えたのだと思うのです。

そしてこの言葉は誰にでも使えます。

コロッケさんがみんなに開放してくださったのです。

私も早速使ってみようと思っています。 happy01


 




  

 

« 人は磨けば輝くダイヤモンドである | トップページ | 「あおいくま」 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/52290580

この記事へのトラックバック一覧です: 「おおいくま」 1:

« 人は磨けば輝くダイヤモンドである | トップページ | 「あおいくま」 2 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ