« わかると面白い 4 | トップページ | わかると面白い 5 »

2013年6月 8日 (土)

ほんものとにせものを区別する法


  

ほんものとにせものを区別する法


 

やたらに人を信じてよいというものではない。

やたらに人のいう通りに行動してよいというものでもない。

相手の本心と業想念をよく区別して、相手の業想念のなかにひきずりこまれてしまってはいけない。

そうした本心と業想念の区別をつける最もよい方法は、先祖の悟った霊である守護霊さんと、その上にいて常に守護霊に光を送っている守護神さんにつねに感謝の心を送っていると、守護の神霊の側から、その人の心にむけて、その区別を直感的にか、他の人を介して必ず知らせてくれるものである。

もしそれでもだまされたり、ひっかかったりする時は、それこそ過去世からのその人との業因縁がそこで消え去っていったもので、それも、自己の本心を輝かすために必要なことであったのだ、と思い、世界平和の祈りを祈りつづけることである。

 

      「日々の祈り」 五井昌久 白光出版

 

 
 

感想

もしそれでもだまされたり、ひっかかったりする時は、それこそ過去世からのその人との業因縁がそこで消え去っていったもので、それも、自己の本心を輝かすために必要なことであったのだ、と思い、世界平和の祈りを祈りつづけることである。
 


のところは多分ほとんどの人が、納得できないのだと思うのです。

守護霊守護神さまに頼んでいれば、騙されずに済むのに、なんで助けてくれないことがあるのか?

理屈が通りませんよね。

それは、過去世で自分が相手を散々騙してきた場合は、いくら守護霊守護神さんでもかばいようがないのです。(仏教では因果応報という)

この世は、あの世で自分がやってきたことへの清算が行われているんだ。

今自分がされていることは、すべて自分がやっていたことが返ってきているのだ。

ということです。

例えば、今、旦那さんに泣かされている妻がいるとします。(昨日ビッグダディの奥さんのことをテレビでやっていましたが)

観ていると可哀想ですね。

なんでそこまでやられなければならないのか?

なんの罪もないのに・・・・

と。

しかし今やられているということは、前世でやっていた側だったのです。

それを相手の魂が覚えていて、仕返し?をして来ている。

それが証拠に、奥さんは案外と相手のことを恨んでいないのです。(お父さんに対してもそうです)

そして心が洗われて魂が磨かれて美しくなった。(仏さまのような心境になっています)

うちの奥さんも感動して泣いていました。

守護霊守護神にお願いしていると自分のやっていたことの百分の一、千分の一になるのです。(祈っていない人でも随分おまけをしてもらっているのです)

それでも消せない分は自分で受けるしかない。

本当はそれくらいで済んでありがとうございます。

なのですが、人間はちょっとでも自分に不都合な事があると、相手を恨み、自分の運命を嘆き、神も仏もあるものか!なんて神さままでも恨んでしまう。

まったく肉体人間というものは勝手なものだと思うのです。(真理を勉強していると)



  

 

 

« わかると面白い 4 | トップページ | わかると面白い 5 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/51964610

この記事へのトラックバック一覧です: ほんものとにせものを区別する法:

« わかると面白い 4 | トップページ | わかると面白い 5 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ