« 日々の指針 | トップページ | 放課後の音楽室 »

2013年5月29日 (水)

成功者は果因説を実践している。


  

世の中が不況のときや、悪い実績が続いたりすると、このままでは倒産してしまうのではないかという否定的なことを思い、それを気に病む人がいる。
しかし、そのようなことが心を占めていると、その心が本当にその否定的なものを招き寄せてしまう。すべて人生は
心に描いた通りになる。
どのような厳しい状況に置かれようと、否
定的なことを心に浮かべるべきではない。
まじめに前向きに努力していけば決して悪いことがあろうはずがないと確信して、常に堂々と明るく進まなければならない。(稲盛和夫:京セラ・KDD創業者)



 
facebookなどで、著名人の名言・格言・いい言葉という学びのページがあるのですが、私は毎日読むのを楽しみしていて、響いたものはツイッターなどに転送しています。

今日の名言は、稲盛和夫さん、稲盛さんは、経済界だけに活躍しているのではなく、思想家、哲学者、宗教者(仏教)でもあり、「生き方」という著書は、世界中の人々に多くの感銘を与えました。

稲盛さんの何が原点になっているかというと、愛が根底にあると思うのです。

自分のしていることが、自我欲望でしているのではないか? 驕ったところがあるのではないか? 人様のためになっているか?

常に心を浄化させて、本心(愛)に沿った生き方をされている。

本心というのは神界(天界、宇宙)にあるのだから、宇宙の法則から自分の考えが外れていないかが最大のチェックポイントなのです。

本心に忠実に生きることを実践していると、宇宙というのが、プラスのエネルギー、愛のエネルギー、神様、仏様の素晴らしいエネルギーで成り立っているということに気づく。

宗教というのは、宇宙を示す教えという意味であり、お釈迦様もキリスト様も宇宙観を唱えているのです。

宇宙にはプラスのエネルギーしかないのだ。

すべては、無限なる愛、無限なる調和、無限なる平和、無限なる叡智、無限なる光、無限なる生命、無限なる繁栄、無限なる成功、無限なる富、無限なる供給・・・・・・

人間は宇宙そのものであり、小宇宙である。

だから失敗や、貧困や倒産や、悪いことなどあり得ないのです。

それを引きつけてしまっているのは、人間の否定的な想念に他ならない。

稲盛さんは、経営を実践しているうちに、宇宙法則(真理)を確信されたんですね。

この文章を読んでいると、果因説そのものであることがわかるのです。

心の中をプラスのエネルギーで一杯にしていれば、現実はその通りになる。

マイナスのエネルギーで一杯にしていれば、それもまたその通りになる。

どちらも人間の想像(創造)した通りになるのです。

凄くシンプルですよね!

しかし今まではその法則が判らなかった

知らなかった

だがしかし、その法則を知った私たちは果因説をこれから当り前のように実践してゆく

そう思ったのでした。

  
 
   おススメ図書

   「果因説」 西園寺昌美  白光出版

   「生き方」 稲盛和夫 サンマーク出版


 




  

 

« 日々の指針 | トップページ | 放課後の音楽室 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/51825960

この記事へのトラックバック一覧です: 成功者は果因説を実践している。:

« 日々の指針 | トップページ | 放課後の音楽室 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ