« 自他を生かすもの | トップページ | アインシュタインは自分は天才ではないと語っている。 »

2013年5月25日 (土)

いちいち善悪を比較するな



相手が悪い、自分は善い、と相手と自分をいちいち比較しているような想いでは、とうてい真実に相手を愛することはできないもので、相手も自分も、悪いも善いもすべて守護霊守護神の神愛のなかに投入することの練習が一番よい方法なのです。

自分のほうが善いと思ったところで、過去世からどれほど間違ったことをしていたかは、現在の自分にはわからないのであって、自分のほうが善い、と思うその想いは、ごく最近の出来事によるだけのものであるので、過去世からのその人の行為の何兆分の一かもわからないのです。

善い悪い等はいちいち自分で判断して、人を責めたり、自分を裁いたりするものではないので、自分は瞬間瞬間を神のみ心に波長を合わせつつ行為していればよいのであります。




     「日々の祈り」  五井昌久 白光出版




感想

上記の文章を読まれて、半分あるいは3分の一くらいは納得出来て、 「なるほど!」 と思いなんだかスッキリしたような気持ちになるのだけれど、後の半分、または3分の2は、なんのこっちゃ全然わからない、だから結局スッキリしないんだ(笑)という人がたくさんおられると思うのです。

だからグッドムーンの日記を読むのはもうやめた(笑)

そんな人も絶対におられると思うのです。

守護霊、守護神、過去世、神のみ心・・・・学校や家庭で先生や親は教えてくれませんよね。

だが潜在意識の中では、その言葉を知っている、わかっている、だから頭ではわからなくても、心で察知しようとされているのだと思うのです。

魂には刻まれている言葉、懐かしい昔聴いていたような言葉の響き、それが何回も読んでいるうちに急に想い出す時期が来る!

そういうつもりで長~いお付き合いをお願いする次第なのであります(笑)。

« 自他を生かすもの | トップページ | アインシュタインは自分は天才ではないと語っている。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/51769113

この記事へのトラックバック一覧です: いちいち善悪を比較するな:

« 自他を生かすもの | トップページ | アインシュタインは自分は天才ではないと語っている。 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ