« 日々の指針 | トップページ | 自他を生かすもの »

2013年5月24日 (金)

人間とは宇宙の一部であり・・・・

 
  
今、わたしはアインシュタインの『150の言葉』という本を読んでいます。

アインシュタインは科学者として優れていただけではなく、類まれなユーモアの持ち主でもありました。

笑い転げて楽しみながら読んでおります。

みなさんにも是非、ご紹介したいのですが、その前にアインシュタインの人間論、宇宙論を知っていただきたいと思うのです。

アインシュタインはなぜ天才と言われたのか?

それは、宇宙(天)と意識がつながっていたからなのです。

だから凡人では思いもよらぬ発想ができた。

では、アインシュタイン150の言葉からご紹介します。

 

人間とは、わたしたちが宇宙と呼ぶ全体の一部であり、時間と空間に限定された一部である。 わたしたちは、自分自身を、思考を、そして感情を、他と切り離されたものとして体験する。

意識についてのある種の錯覚である。

この感覚は一種の牢獄で、個人的な欲望や最も近くにいる人々への愛情にわたしたちは縛りつけるのだ。

わたしたちの務めは、この牢獄から自らを解放することだ。 それには、共感の輪を、すべての生き物と自然全体の美しさに広げなければならない。

実質的に新しい思考の形を身につけなければ、人類は生き延びることができないだろう。


 

« 日々の指針 | トップページ | 自他を生かすもの »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/51761548

この記事へのトラックバック一覧です: 人間とは宇宙の一部であり・・・・:

« 日々の指針 | トップページ | 自他を生かすもの »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ