« 果因説━21世紀の意識改革 4 | トップページ | モーパッサン『首飾り』より »

2013年5月22日 (水)

いつもどんなときも絶好調!

  

イチローに憧れて、海を渡って大リーガーになった川崎宗則は、マリナーズでイチローと同僚になったのもつかの間、イチローがヤンキースに移籍して、取り残された形になった。

しかしそこでめげることなく、ブルージェイズという球団で奮起している。

打率2割3分3厘(5月21日現在)は、レギュラーを取るには厳しい数字だが、川崎は打ったり守ったりだけではなく、今やチームに無くてはならないムードメーカーになっている。

試合に出ても出なくてもチームメートを励まし、明るく振る舞うことでチームだけではなくファンからも親しまれ愛されている。

だから監督もつい使いたくなるのだろう。

そんな川崎が結果を出した。

20日、レイズ戦で三塁打を放って、チームの勝利に貢献した。

その川崎がこう言っている。

「グラウンドに立っている時に調子が悪かったことは一度もない。絶好調でも50打席ヒットがない時もある」

数字を一切気にせずに、一打席一打席に集中しているのだ。

「絶好調!」 と言って自分を鼓舞していたのは、今、DeNAの監督の中畑清さんだが、どんなに数字が落ち込んでいても決してマイナスを認めようとしないその姿は当時は画期的だった。

川崎が言うように、自分がどんなに調子のいいときでも、相手のピッチャー(投手)が良ければ打てないこともある。

それと反対に、調子が悪いときには、かえって開き直ることができ、肩の力が抜けて、自然体で打てたり、それによって結果が付いてくることもあるのだ。

芯に当ったいい打球が飛んでも、相手の守備が良ければ(ファインプレーで)アウトになる。

当たりは良くなくても、選手と選手の間に落ちるポテンヒットもある。

そもそも調子のいい時と、悪い時は背中合わせであり

聞かれている本人も

「なにが調子が良いであり、なにが調子が悪いのか」

なんてわかっていないのだと思う。

ただ言えることは、

自分で

「今はダメだ調子が悪い、なんとかしなければならない」

と思い込んでいるのが、あるはずもないスランプ(不幸)とやらを作り出しているのだと思う。

つまり、絶不調なのか、絶好調なのかは自分で決めれるのだ。

結果が出なくても

自分が絶好調と思っていればそうなのだし

絶好調を持続させていて

そろそろこの好調も終わりかな?

と思いそうになっても

いやまだまだ絶好調なんだと自分にいい聞かせれば

いつまでも

「絶好調!」 

なのです。
 

私にとっての好調とは

感情に振り回されることなく

心穏やかで

理由はないのだけれど(理屈ではなく)

「僕は幸せだなぁ」(笑)

と感覚で思えるときなのです。

そして少しずつでも自分が進化していると感じられる

手ごたえがある。(歯応えがあると言った方が近いかもしれない)

「生きている」 という実感がある、充実感がある。

それは目に見えてわかることではないのです。

目の前の現象は昨日と変わってはいない

だけれど、心の中の自分は確実に前へ進んでいる

それがいつの日か

忘れた頃に目に見える “カタチ” で現われてくる

それでいいのだと思うのです。


ブルージェイズの川崎もきっとそんな境地にあると思うのです。

だから目にみえる結果に

一喜一憂しない

人の評価に惑わされない

認めてもらおうなんて思わない

スランプなんて認めない

いつもいい状態であることを信じる

悪いことはすべて善くなるためのプロセスだと思える


結局そう思うこと、思い込むことが

自分にとって、楽だし(自分の心を縛りつけていないから)、一番いい精神状態だとわかっているのだと思うのです。

“自分の心をポジティブにコントロール出来る人” 

素晴らしい!と思うのです。



    

 

« 果因説━21世紀の意識改革 4 | トップページ | モーパッサン『首飾り』より »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/51731921

この記事へのトラックバック一覧です: いつもどんなときも絶好調!:

« 果因説━21世紀の意識改革 4 | トップページ | モーパッサン『首飾り』より »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ