« 若人へ、老年へ 1 | トップページ | 人間が嫌いになりそうになったときに読む文章とは? »

2013年3月27日 (水)

若人へ、老年へ 2

  
 

1. りりしき若人よ、、天にはばたけ。 大空に舞い上がれ。

一心に天の声を聞け。 親の言うことにも、先生の言うことにも、大人の言うことにも、一切耳を傾けるな。 みんな異口同音に自分に都合のよいように、学校に都合がよいように、社会に都合がよいようにしか語らないからだ。

親は子供を親の都合のよいように育てようとする。 よい学校、よい社会、果たしてそれが本当に子供の為なのか、まことにもって疑わしい。

ましてや子供が大いなる志を立て、親に反する道を歩もうとするならば、親は逆上し、裏切られたと勘違いし、嘆き悲しむ始末である。

全くナンセンスな話である。

若人よ、天の声を聞け、直感力を養い、神の真理を現わしてゆけ。だが親の恩は決して忘れるな。
 

  

2. 若者達の向上心のプロセスとして、スターのような存在に誰でもが憧れる。人々の心を一身に集め、仰々しく振舞い、花々しく目立つことは、若者の心を躍らせる。

だが、最も目立たない平凡なこと、当り前のことの中に光った人達がいることを、あなたは決して見逃してはならない。 本当に多くの人から尊敬され、愛され、慕われている人というのは、花々しいスターの座にはいないものだ。

いつも一見貧しく汚れた中に、つまらない小さな目立たない仕事をコツコツと喜んでしている人達がいる。

彼等は人の嫌がる仕事を好んでしている心の清いスターである。

 

  

3. 昔の若者達は自己目標の達成に幻滅を感じたり、失望したりして哲学や宗教の道に入ったものであるが、今日ではそんな自己を深く真剣にみつめる人が少なくなったような気がしてならない。

何かしらしっかと足が大地についていず、いつもフワフワと上辺のみに気をとられて、揺れ動いているように思えてならない。 だが私は幸せなことに、世界平和の祈りを根底にすべてを人類の為に捧げ尽している、立派な若者達をたくさん知っている。

世の中は確実に平和と調和の方向へ導かれてゆくことであろう。

そして人類は完成へと近づいてゆくことであろう。 私はそれを信じて疑わない。 私は地球破滅の予言をくつがえすために、神からこの地に降ろされたのである。

  

 
  

4.人間は生れ、そして成長し、体験し、老い病み死する。 この繰り返しである。

人間は永遠に生きつづけてゆかねばならない。 肉体が変滅しても、その奥にある魂はなお継続して生きつづけてゆくのである。

個人にやどる不死の生命は偉大である。 肉体が消滅したならば、これで何もかもすべてが終わると思ったら大間違いである。 過去に積みあげてきた想念、言語、行動すべてを背負って、未来にむかって歩み出すのである。

真理を知って生きないと、これは大変なことになる。 真理を知らないで、真面目に努力し忍耐し、生きている人がいるが、それは報われない生き方である。 何よりも先に、真理を知ることが大事である。

 


 

5. 成熟と老いとは全く異質なものである。 老いとは肉体に関することであり、成熟とは精神に関する問題である。 老いることはいとも簡単なことで、時間がたてば誰でもがみな年をとる。 が成熟というのは内なる成長をさすのである。 老いても成熟していない人はたくさんいるし、また若くして成熟している人もいる。



 


6. いつまでも役立っていたい、という人間の潜在的欲求は、死ぬまでどんな人にでもあるものである。 歳をとったとからとか、動けなくなってしまったから、といってお年寄りが自分自身で出来ることまでも取ってしまっては、生きる望みを奪ってしまったと同じことである。

誰しもが老いてゆくものなのであり、老後とは若い頃の生き方が問われる時でもある。 人のために役立つことを無上の喜びとして生きて来られた方の老後とは、多くの人々に囲まれ慕われ大事にされる老後であろう。





7. 最後のもう一歩というところで、多くの人はたいてい業の重みに負けてしまう。 その時最後の力をふりしぼって突き進んでゆけば、必ず道は開ける。





   
「日々の指針」 西園寺昌美 白光出版

 

 

« 若人へ、老年へ 1 | トップページ | 人間が嫌いになりそうになったときに読む文章とは? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/50981232

この記事へのトラックバック一覧です: 若人へ、老年へ 2:

« 若人へ、老年へ 1 | トップページ | 人間が嫌いになりそうになったときに読む文章とは? »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ