« 世界にアピールしたい日本人の「ほめられ下手」 1 | トップページ | 金メダルを取るのは目的ではなく、目的はその向こうにある 1 »

2013年3月 7日 (木)

世界にアピールしたい日本人の「ほめられ下手」 2

  


「日本人が世界に誇れること」 をテーマにこの本を執筆しているわたしですが、不思議なジレンマを感じることがあります。

日本で20年間生活して、日本人のほめるべき、評価されるべき多くの点について日本人に話すと、必ず否定されてしまうからです。

日本人は、非常に 「ほめられ下手」 です。

しかしわたしは、この 「ほめられ下手」 なところが、むしろ、日本人の大切な長所だと思っています。

“威張らない日本人”  “調子に乗らない日本人”  が、わたしの目から見て、とても美しく映るのです。

例えば、日本の治安のよさをほめると、「でも、アメリカの方が住みやすいじゃありませんか」と反論されます。

また、日本人の男性の忍耐力や芯の強さを評価すると、「でも、アメリカの男性のほうが優しいでしょう」 という反応が返ってきます。

こういう反応に接して、初めのうちは、「日本人は、自分の国が嫌いなのだろうか?」 と思ってしまいました。

しかし、日本語の語学力が深まるにつれ、それらのコメントの裏にある、ある種の美意識に基づいた話術に気づいたのです。

つまり、一見否定的な日本人のコメントは、謙遜して相手を持ち上げながら会話を上手に継続させる話術の一つだったのです。

この 「威張らない、相手を持ち上げる」 姿勢は、世界に向けて、胸をはってアピールしてほしい日本人の長所だと思います。

そう確信したのは、7年間続けている現在の仕事を通してです。

わたしは、インド、中国、香港、台湾、レバノン、ドイツ、イタリアなど、あらゆる国から訪れるビジネスマンのためのサービスアパートメント業を通して、延べ7000人の外国人たちに接してきました。

一方では、多くの国々を、営業活動のために訪問してきました。

そうした仕事の中で、日本国内でも、海外でも、日本についてコメントやスピーチをしばしば求められてきました。

この意味では、わたし自身、一種の 「なぞ」 と思われている日本人の人間関係のつくり方やビジネススタイルを説明する役割を担ってきたつもりですが、そうしたときにいつも外国人に話すのは、「日本人の謙遜こそが、日本人の長所であると確信している」 ということです。

日本人は、一見すると 「ほめられ下手」 に見えます。

しかし本当はほめられ下手なのではなく、相手を敬うという “心のあり方” から相手のよいところを見ようとする姿勢が生まれて、謙遜する話し方になるのです。

この点は、グローバルステージで活躍する世界中のビジネスパーソンが学ぶべき点だと思います。

日本人はもっと自分たちの会話のあり方、コミュニケーションの仕方に自信をもったほうがいいのです。


  

「日本人が世界に誇れる33のこと」 ルース・ジャーマン・白石 あさ出版

  

 

追伸

私がここまで読んで感じたことは、謙虚、謙遜する気持ちは素晴らしい、それは自分も相手も生かすからです。

でも謙虚であること、謙遜がいき過ぎると、卑下まんになってしまうのです。

卑下慢とは、自分がダメであることを自慢することです。

若者言葉でいうと、自虐ネタでしょうか

自分を徹底して貶めるのです。 これは一見相手を責めるのではなく、自分だけをおとしめるので中にはそれを聞いた人は優越感に浸って気持ちの良くなることもあるのかもしれません。

しかし自分自身をバカにするということは自分の神性、素晴らしさを否定していることになるのです。

自慢と卑下慢を比べた場合、自慢は鼻についてみんなのひんしゅくをかうので注意されたり無視をされて自分で修正しやすいのですが、この卑下慢は注意しにくく気づきにくいのだそうです。

本人は気づいていなくても、どちらもしまいには、聞くのが耐えられなくなってくる。

周りから人がいなくなってしまいます。

人間は自慢も卑下慢もせず、

「生命そのままにスーッと生きていたらいいのになぁ」 と思うのです。


 

 

« 世界にアピールしたい日本人の「ほめられ下手」 1 | トップページ | 金メダルを取るのは目的ではなく、目的はその向こうにある 1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/50637956

この記事へのトラックバック一覧です: 世界にアピールしたい日本人の「ほめられ下手」 2:

« 世界にアピールしたい日本人の「ほめられ下手」 1 | トップページ | 金メダルを取るのは目的ではなく、目的はその向こうにある 1 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ