« 日本人は売り込まないのになぜ信頼されるのか 3 | トップページ | 世界にアピールしたい日本人の「ほめられ下手」 2 »

2013年3月 7日 (木)

世界にアピールしたい日本人の「ほめられ下手」 1

 
  

日本人というのは謙虚というか欲がないというか、自分で自分の欠点ばかりを探している。

ある就活中の若者が

「私は口下手で、頭の回転が鈍くて質問にも他の学生のようにスッと答えられないんです」

と言っていたがそれは私からすれば

それは慎重で謙虚だということであり、思ってもいないことをすぐに口に出していい加減な答を早く出すよりも、熟考し一つ一つ噛みしめるように出る誠意のある心のこもった言葉の方がずっと素敵だと思うのです。

なのにそれが長所なのに欠点だと思っている。

これって非常に非常にもったいないことなのです。

日本人はアメリカに戦争に負けてから劣等感を植え付けられてきました。(日本人はイエスかノーかをハッキリ言わない、働き過ぎなど)

長所を欠点だと思い込まされてきました。(でないと優秀な日本人が世界を圧巻するから)

それを未だに背負っているところがある

そして、アメリカナイズされたやり方が正しく新しく素晴らしいと刷り込みされてきた。

しかし、それが違うということを日本人からではなく、外国人から指摘されているのです。

日本人は奥ゆかしいので自分で自分を素晴らしい!なんて言わない(笑)。

外から言われて、初めて気付きはじめたのです。

気くばり、気づかいで有名なあのディズニーも日本の繊細さ奥の深さにはどうやっても追いつけないといわれています。

他の追随を許さないほどの違いがあるのです。

別格なんですね。

私は前の日記で、10人中8人の日本人は素晴らしい神性を顕わしている。

それを外国の人が認めていると書きました。

それを読んだ人は

「そんなにいないよ、10人中2人の間違いだろ」

と言うと思うのです。

確かに今の日本には相手のことに気づかいの出来る人、気くばりの出来る人、常識的な人は減ってきたようにも思います。

そんな余裕はない、みんな自分のことで精一杯だ

だから他人に意識を向けていないんだ

しかし、今は確かにそうかもしれない、忘れているのかもしれない

だがしかし、そんな人たちでも

困った人、苦しんでいる人がいたら

すぐに助けてあげられる優しさはずっと持ち合わせていると思うのです。

外人さんが道がわからなくて困っている

そんなときは、ほとんどの日本人は

「なんとかしてあげたい」

と思うのです。

街で迷子になって泣いている子どもがいたら

「かわいそうにお母さんはどこにいるのだろう?」

とすぐにでも探してあげれると思うのです。

それは、日本の文化が助け合いの文化であり、日本人の心にしっかりと根付いているからです。

日本人は奥戸の自分たちつまり表面ではなく奥深くにいる本当の自分をもっと追究し、意識をし、その奥にいる自分を表に引っ張り出すことをすればいいと思うのです。(本心開発)

日本人が自分で自分をダメだと思っていること

しかしそれは日本をよく知る外国の人には素晴らしいと映っている

そんな文章をご紹介します。



   

 

« 日本人は売り込まないのになぜ信頼されるのか 3 | トップページ | 世界にアピールしたい日本人の「ほめられ下手」 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/50636718

この記事へのトラックバック一覧です: 世界にアピールしたい日本人の「ほめられ下手」 1:

« 日本人は売り込まないのになぜ信頼されるのか 3 | トップページ | 世界にアピールしたい日本人の「ほめられ下手」 2 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ