« 人に好かれることを考えるより、人を好きになる | トップページ | スッキリ爽やかになりましょう »

2013年2月19日 (火)

私たちは、好きになる努力をしているだろうか?


  
「人に好かれようと考えるより、人を好きになる」

それと全く同じ原理で嫌いな仕事も好きになろうと努力し、努力の結果、好きになった時点で

それは楽しいこと、嬉しいことに変わると思うのです。

私たちは受け身で仕事をしていないか?

人にも好きになってもらおうとしていないか?

相手(仕事)はどうであれ、自分から好意を寄せていけば

壁を無くして行けば、自ずと道は開かれると思うのです。

「あいつは気にいらない」

「この仕事は嫌だ、自分のやることではない」

と毛嫌いしていたら、自分の天職かもしれないのに、自分のべストフレンドかもしれないのに

そこでゲームセットになってしまうのです。

神さまは、人であれ仕事であれ

私たちになんの意味もない人や仕事を会わせたりしないのです。

きっとなにかがある

偶然ではなく、必然なんだ

仕事が与えれるということは、それがどんな仕事であっても

自分が成長する良い機会(チャンス)なのです。

そこを嫌がっていたら

また同じような経験をさせられる。

次に行っても同じ状況に必ずなるのです。

それはそこをまだ卒業していないから・・・・

待っていてもしかたがない

何も起こらない

好きになってくれないのなら

自分から好きになる

その精神でいいと思うのです。

 

「仕事をやり遂げるためにはたいへんなエネルギーが必要です。そしてそのエネルギーは、自分自身を励まし、燃え上がらせることで起こってくるのです。

自分が燃える一番よい方法は、仕事を好きになることです。

どんな仕事であっても、それに全力で打ち込んでやり遂げれば、大きな達成感と自信が生まれ、また次の目標へ挑戦する意欲が生まれてきます。

そのくり返しの中で、さらに仕事が好きになれます。

そうなれば、どんな努力も苦にならなくなり、素晴らしい成果を上げることができるのです。

つまり、「好き」 こそが最大のモチベーションであり、意欲も努力も、ひいては成功への道筋も、みんな 「好き」 であることがその母体になるということです。

「ほれて通えば千里も一里」 「好きこそものの上手なれ」 といいならわされてきたとおり、好きであれば、自然に意欲もわくし努力もするので、最短距離で上達していく。

人から見ればたいへんな苦労も、本人には苦どころか、楽しみとなるのです。
 

     『生き方』 稲盛和夫 サンマーク出版




  


« 人に好かれることを考えるより、人を好きになる | トップページ | スッキリ爽やかになりましょう »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/49516377

この記事へのトラックバック一覧です: 私たちは、好きになる努力をしているだろうか?:

« 人に好かれることを考えるより、人を好きになる | トップページ | スッキリ爽やかになりましょう »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ