« 頭の中を整理し空っぽにすることが幸せに・・・ | トップページ | 自分の天命は何なのか?を知る 1 »

2013年2月14日 (木)

どうしても好きになれない、嫌いな人いませんか?



  
いくら周りで、「止めなさい」 と言っても 「なんでそういうことをするんだ!」 「やめなかったら制裁を科すぞ!」 と言っても それでもやってしまう。

そんな国もあればそんな人もいる

その人の奥には神性が隠れている、今はそれが顕われていないだけなんだ、業をたくさん被っているだけなんだ

だから

「どんな人でも愛しなさい」

それがキリスト様の愛の深さではあるのですが

だからといって

「ハイ、そうします」 と出来るものではないのです。

もし、その人が家に居たとしたら、帰るのが嫌になります。

我慢できなくなります。

でも、私たちの周りにはそんな人が一人や二人はいるのです。

話の中に入って行こうとしても

どうしても入っていけない

仲良くしたくても

どうしても親しくなれない

言葉をかけようとしても

「言葉が出てこない」

近寄っていこうとすると

自分の相手にすることが

わざとらしく、ウソ臭くなってしまう

他の人だったら 自然に振る舞えるのに

その人だけはどうしても 相性が合わない

そんな人いませんか?

そんなときお釈迦さまやキリストさまはどうしたんだろう?

聖者のやる通りには出来なくても

それに近いことは出来るかもしれない・・・・


お釈迦様は、みんなに支持され、好かれ、愛されたわけではなかったのです。

むしろ、恨まれ、嫉妬され、憎まれることの方が多かった

お釈迦様の側近で十大弟子の一人であった阿難の実兄である提婆達多(だいばだった)は、自分が認められない苛立ちや嫉妬からお釈迦様を憎みその生命を何度も奪おうとした。

阿難は兄の反逆に心を痛めたのであったが、お釈迦様はいたって自然体であったのです。

近寄って、やさしく諭すわけでもなく、恨み返すわけでもなく

ただ離れたところから光を送っていただけなのです。

提婆達多(だいばだった)にとっては、お釈迦様の光は強過ぎたのです。

業の厚い人が強い光を受けると、昇天(肉体が滅びる)するか、または提婆にとってかえって真理から遠ざけることになる。

自然に悟らせることが出来なくなる、魂の成長にとってベストの状態ではないからです。

私たちは、性情の悪い人、つまり業(カルマ、マイナスの想念エネルギー)をたくさん被った人はどこかへ行って欲しい。

「私の近くへ来ないで欲しい」

そう想ってしまうことは悪いことだと思っていました。

「人とは上手く仲良くやっていかなければならないのだ」

「どんな人とでも明るく接することができないのは自分が未熟だからだ」

「人と合わせられなければダメなんだ」

そう思って自分を責めてきました。

しかし、お釈迦様やキリスト様は

どんな人であっても責めたりけなしたりは決してされなかったけれど

仲良くしようともされなかったのです。(それは誰に対してもですが)

つかず離れず 一定の距離をおいておられた

私たちは、親密になることが人間関係を良くすることだと思っています。

心を打ち解け、解り合えることが愛だと思っています。

しかし、そうではないのです。

神さまはどれだけ他の人間に害を与える人に対しても

抹殺しようとはされない

この世から消そうとはされない

やられている人を助けようともしない

じーっと見守っておられるだけなのです。

神さまは何をされているかというと

時期を待っておられるのです。

人間が本心に目覚め、愛に目覚め

本来の姿を顕わすのを

ただ、じーっと待っておられる


神は大愛なのです。

愛は忍耐なのです。

忍耐が愛なのです。

では、私たち人間はどうしたらいいのか?

それは無理をしてどうこうしようとするのではなく

早く相手の業が消えるように

天命を祈ってあげるしかないのです。

時期が来ないとその人が本心に目覚めることはないのです。

そのときにしか解り合える(仲良くなる)ことはないのです。

そのときまで、自分を責めたり、相手を責めたりするのではなく

普通に接していればいい

嫌がるでも避けるでもなく

普段のあなたのままでいいのです。

媚びへつらうことなどしなくていいのです。

相手に合わさなくてもいいのです。

無理に入っていこうとしたら

相手のエネルギー(波動)に合わそうとします。

悪口や陰口を一緒に吐かなくてはいけなくなります。

そんなことをしなくてもいいのです。

あなたはあなたのままで堂々と凛としていればいいのです。


 
     
お薦め本
  

     小説「阿難」 五井昌久 白光出版


 



  

 

 

« 頭の中を整理し空っぽにすることが幸せに・・・ | トップページ | 自分の天命は何なのか?を知る 1 »

コメント

こちろこそ 嬉しいコメントありがとうございます。

todaさんが通勤時間に読んでくださっているのをイメージしたらなんだか不思議なあったかい気持ちになってきました。

モチベーション(やる気)がまた湧いてきました。

これからも真理や気づきを交えたポジティブで元気の出るブログを心がけていきますので、どうぞよろしくお付き合いください。

 

いつも本当に為になる事をたくさん有難うございます。
毎度、通勤時間に読ませていただいてます。
タイミング良く言葉が心に響くので
時々お礼をいいたくなります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/49406993

この記事へのトラックバック一覧です: どうしても好きになれない、嫌いな人いませんか?:

« 頭の中を整理し空っぽにすることが幸せに・・・ | トップページ | 自分の天命は何なのか?を知る 1 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ