« 今回の日々の指針について | トップページ | バランス感覚 »

2013年2月27日 (水)

今日のつぶやき

  

最近、またいろいろなジャンルの本を読むようになったのですが、人生の達人という人は、一般の人とどう違うのか?というと

同じ状況にあっても、考える角度や大きさや捉え方が違うのです。

コップに半分の水があるとすると

普通の人は、「もう半分しかない!」と焦ってしまうが、賢人は「まだ半分もある。大丈夫だ!」とまったく逆に捉えるのです。

決して賢人が他の人よりも能力があるわけではない。

だから考え方、捉え方、そしてその後のアクションが大切だと思うのです。

直観よりも先に

日頃から物事をポジティブに考えられているか?

ネガティブに見ていないか?

が肝要です。

考え方、捉え方をポジティブにするのは日々の練習、習慣付けでうまくなっていく

ネガティブになりそうになったら

「あっ違うそうじゃない」

「どう考えれば良かったかな?」

と仕切り直しをすればいいと思うのです。

 



  

1. まずはどんな相手にも好意を持つこと。大好きとまでいかなくても、「人にはかわいい、面白いところがある!」と思うことが必要です。そうすれば自然に、相手をもっと知りたくなってきます。/ 「世界に誇れる日本人の心くばりの習慣」三枝理枝子



 
2. 人の気持ちは、十人十色どころか “十人百色” に変化します。一度、なにかをしたからこれで終わりではなく、継続的に相手に興味をもち続けることが必要です。そうすれば、変化がわかりますし、異変を見逃すこともないでしょう。/ 三枝理枝子

 


3. ステージに上がった時は、自分が一番上手いと思うこと。そして、ステージを降りている時は、自分が一番下手だと思うこと。(エリック・クラプトン)/ いいですね~この謙虚さ、出るべきところと奥ゆかしいところのバランスがとれている。見習いたいです。


 


4. 失敗して落ち込んで会社を辞めたくなるというケースもあります。これも考え方を変えてみるといいでしょう。失敗するのが当然だ、世の中の90%は思うようにはならない、と考えればいいのです。ほとんどがうまくいくと思っているから、失敗すると落ち込んでしまうのです。/ 北尾吉孝


 



5. 私は「失敗しても後ろは振り返らない」と、いつも自分に言い聞かせています。たとえ失敗したとしても、「あっ、これは天命だ。天はここで自分に失敗をさせた方がいいと考えて、こうしてくれたんだ」と考えるようにしています。/ 「何のために働くのか」北尾吉孝著


 



6.努力もせずに愚痴を言い、文句を言う。そして、やる前から「できません」と諦めてしまう。これが一番いけません。「なせばなる」という前向きの考え方を持つことです。そして「なさねばならない」という強い意思を持つことが大切なのです。/ 「何のために働くのか」北尾吉孝 致知出版社




  

« 今回の日々の指針について | トップページ | バランス感覚 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/49704619

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のつぶやき:

« 今回の日々の指針について | トップページ | バランス感覚 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ