« 心と魂はどう違うのか? 2 | トップページ | 最悪ではなく、最良なのです。 2 »

2013年2月22日 (金)

最悪ではなく、最良なのです。 1

 

昨日の、魂と心はどう違うのか?の続きで今日は、魂のことをより詳しく書いていくつもりなんですが、その前に汚れた魂が、守護霊、守護神によってどのように浄められているのかも併せて述べていきたいと思います。


私たちは自分にちょっとでも都合の悪いことがあると、そして結果が思った通りにならないとすぐに

「最悪だぁ~」

とか

「なんで俺がこんな目に遭わなくてはいけないんだ」

とすぐに被害妄想に陥ります。

そして人を恨み、自分の運命を嘆き、自暴自棄になったりする。

しかし、真実は 「最悪」 ではなく 「最良」 なのです。

詳しく説明しますと

今、自分の目の前に起こっていること(肉体界に)というのは、過去のことが写って来ているのです。

これは星で説明が出来るのです。

今私たちが見ている星の光は、今光っている光ではなく、遠い星であったなら何万光年も前に光った過去の光です。

だから今見ている星は無くなっているかもしれない(不思議な感覚ですが)

それと同じように肉体界とは、神界、霊界、幽界という目にみえない世界が写ってきているのです。

神界は未来であり、霊界が本当の今、幽界は過去の潜在意識の溜まった世界、そして肉体界は幽界に溜まった人間たちの過去の想念が写ってきているのです。

だから、仏教では、この世(肉体界)のことを写し世といいます。

今は、幽界がそのまま肉体界に写っているのです。(神界が写ってくれば地上天国になる)

幽界は、人間の想念行為が蓄積されたところ、マイナスのエネルギーがぎっしり詰まって汚れているのです。

今の地球は肉体界と幽界が合体している状態です。

幽界を浄めないと地球は破滅するのです。

それをさせまいと四六時中地球を浄めに浄めてくださっているのが

守護霊、守護神さまたちです。

守護霊は霊界から守護神は神界から幽界を浄めておられる。

そして同時に私たち肉体人間の幽体(魂)も浄めてくださっている

幽体に記憶されたものをそのまま肉体界に現わしては大変なことになるからです。

私たちは過去世に散々悪事を働いてきた(善いこともしてきたが)

人を殺したこともあれば、人を奴隷のように扱い、殴ったり、蹴ったりもしてきた

この世は、過去世が写ってきているので、殺した過去があれば殺され、殴っていれば、殴られるのです。(因果応報という)

それがそのまま写って来たら、大変なことになってしまう

肉体界で殺し合いが生じてしまう(今以上に)

そうならないために、守護霊守護神は、幽界に働きかけて過去の因縁生を消しているのです。(完全に消えない場合に大難が小難になる)

消すことによって大難が小難になっている(地震や津波も同じく小難になっている)

殺されるところが、殴られることで済んだり、大けがをすることが小さなケガで済んだりしている。

大病が風邪くらいでおさまったりしているのです。

すべてのすべてが小難になっている

これが真実なのです。

だから

「ああこれくらいで済んでよかった、守護霊様、守護神さまありがとうございます」

なのです。

そして、肉体界に現われるということは、それで根の部分は消えたことになる。

もう二度と繰り返されることはない。(他の因縁生は現われますが)

人間が本当に幸せになるには、どんなことが起こったとしてもそれがそのまま不幸ではなく、幸福から出た膿、小さなマイナスなんだ

この小さなマイナスはプラスに転じるんだ

だから小さなマイナス(小難)は有難いんだ

と心の底から思えるようになることなのです。


稲盛和夫さんは 「生き方」 の著書の中でそのことに触れておられます。

魂とは何か?と併せて読んでいただけたら幸いです。

 

« 心と魂はどう違うのか? 2 | トップページ | 最悪ではなく、最良なのです。 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/49573790

この記事へのトラックバック一覧です: 最悪ではなく、最良なのです。 1:

« 心と魂はどう違うのか? 2 | トップページ | 最悪ではなく、最良なのです。 2 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ