« 高橋尚子さんはすごい! | トップページ | 原点に帰れば答はあるのです。 »

2013年2月11日 (月)

愛のげんこつは必要なのです

  

今、体罰問題が注目されていて、もちろん暴力はいけないけれど

もし仮に、相手(子どもであれ誰であれ)が間違った方向へ行こうとしているのなら、それはなんとしてでも正気に戻さねばならないのです。

先日、テレビで中年の男性が凛としたきれいな女性に 叱って欲しい、喝を入れて欲しいと冗談交じりに言っていましたが(笑) それはどこかに本来の自分とは違う人になっている自分の目(魂)を覚まさせて欲しいという願望もあると思うのです。

万引きをした息子を泣きながら拳骨で殴っている父親を見たことがあるのですが、その拳には愛がこもっていました。

私たちは、ある年齢を過ぎると本気で叱ってくれる人がいなくなるのです。

間違っていても、厳しく諭してくれる人、親父みたいに体ごとぶつかってくれる人がいないのです。

そうなると自分で自分を鼓舞し、軌道修正をするしかないのです。

私は、幸いにもメンター(人生の師匠)といえる人がいてその方の指導を受けているのですが、その他には本から学ぶことが多いのです。

気持ちがしゃんとしないとき、時間を無駄に過ごしてしまっているとき、怠惰になっているとき・・・そんなときに思わず手が伸びて 叱ってくれる本があるのです。

ちょっと厳しいかもしれませんが(笑)

よかったらお付き合いください。


  日々の指針

1.何故、君は人を頼るのか。頼ったからこそ裏切られたのだ。人に頼るものではない。又人に頼ったところで何の解決策もありはしないのだ。

あるように思えるのは、結果が一時的に解消されたにすぎない。永遠の解決ではない。人に頼っただけ自分の力が失われてゆくのに、君は気づかないのか。

人に頼る心が湧いたら何故自分自身に頼るように持っていかないのか。

それだけ自分に自信が持てないからか。 依頼心ほど人間を駄目にすることはない。

自分の本心に頼れる自分になれ。
 

1.すべての人間は “神の子” であるから、内に “無限の可能性” を秘めている。一度はこの世の常識に把われず、躊躇せず、臆せず、退かず、慮らず、自分のやりたいことを思いきりやってみよ。

自分のまわりをとりまいている常識がすべて足を引っ張っているのである。 その束縛から脱け出したならば、すべては難なく切り開かれる。

1.この世の社会的欲求(地位、権力、財産)を求めている人々は、その欲求を満たすことが出来たとしても、実際には地位や権力を持っている間だけ、金や財産を持っている間だけの満足しか得られないのである。

一旦それらのすべてを失った時、地位、権力、財産など人間社会の欲求を満たすことの空虚さを強く感じさせられるであろう。

イエスが言っている如く 「汝もし全世界の金を儲けるとも、明日に生命を失わば何の価値あらんや」である。


 

1.人生とはいろいろな人が出会い、交わり、多種多様な模様を織りなしてゆくようなものである。 だからこそ、人生は素晴らしいといえる。 人と人との出会いによって、あらゆる可能性が生じ、自分独自の人生模様を描いていけるからだ。

今からでも決して遅くはない。新しい人との出会いを心から楽しむのだ。彼らは何かを与えてくれる、新しい何かを。今までに無かった何かを。

いつまでも人を避けていては、よい人生が切り開かれるはずはない。

さあ、億劫がらず、面倒がらずに、何も躊躇せず、思いきって突き進んでゆくのだ、素晴らしい明日にむかって。常に新しいものを求めつづけて。



  
1.一人でいるから孤独なのでない。家族の中にあっても、友人の中にあって、恋人といてさえも孤独な人は結構いる。 孤独とは心が充たされない状態をいう。

一人で住んでいても何らかの人の為に役立っている人々は、心にいささかの孤独感もない。孤独になりたくなければ、どんなことでもよい、人の為に尽すことだ。




      

        
「日々の指針」 西園寺昌美 白光出版




  

« 高橋尚子さんはすごい! | トップページ | 原点に帰れば答はあるのです。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/49339280

この記事へのトラックバック一覧です: 愛のげんこつは必要なのです:

« 高橋尚子さんはすごい! | トップページ | 原点に帰れば答はあるのです。 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ