« 就職活動頑張ってください。 | トップページ | 座右の銘にしたいのは 2 »

2013年1月16日 (水)

座右の銘にしたいのは 1

   
昨日書いた「就活頑張ってください」 には、落ち込んだとき元気になるには、と仕事にやる気が湧いてくるのは、の他に座右の銘にしたいのは、があったのです。

昨日、書ききれなかったのでここでまたご紹介します。

ところで、みなさんには一生の目的にしているような、いつも心に秘めている特別の言葉、名言、格言などがありますか?

その言葉とは、本の中で見つけたり、ドラマの中の誰かの台詞であったり、尊敬する人の言葉だったり、現実に会った人の言葉であったり、今はマンガなどの影響を受けている人が増えているそうです。

きっかけはなんでもいいと思うのです。

みんななにかを自分の目標にしたいと思っている。

心のより所になって、その言葉を唱えると

心が高揚し、気持ちが新たになり、洗われたようになる

私は毎年新年に、 “新年の指針” といいまして、その年の自分の方針となるべき言霊の書いたおみくじを引きに行っています。

何万枚ものたくさんの言葉が書かれたおみくじから、たったの2枚を選ぶのですが、なぜかそのときの自分にとって、とても大切なことが書かれているのです。

今年の指針にはなにが書かれていたか?

それは

『非難を笑い捨てることが出来る位の大物の器になりなさい』

だったのです。

私の中で衝撃が走りました。

そこには

まさしく自分がなりたかった姿そのものが書いてあったからです。


人はみなそうだと思うのですが、他人から攻撃されると自分を守ろうとする、そして過剰防衛をして相手を攻撃したり、または相手と一緒になって自分を責めてしまうのです。

そして後味の悪さだけが残る。

もっと大きな人間になりたい

どんなことを言われても、非難されても

サラッと流せるようになりたい

不動心になりたい

感情を超えたい

それが私の長年のテーマだったのです。

だがしかし

なかなか克服出来なかった

それが今年の指針の中に書かれていたのです。

私は、非常にプラス思考な人間なのですが(最近そうなりました)

ここにもうすでに書かれているということは

もう自分では クリア(卒業) 出来たことなんだと思ったのです。


実は、最近非難されることがあったのですが

自分でも不思議なほど冷静でいられたのです。

抵抗しなかった

腹も立たなかった

心臓もパクパクしなかった(笑)

自分でも不思議な心境でした。



本当に嬉しい瞬間(とき)とは

以前よりも成長している自分に

出逢えたときです。

“自分で自分を褒めてやりたい”


自画自賛は気持ち悪いけど

たまには自分で自分のことを認めてあげるのも

必要だと思うのです。

これからも

いろんなことに挑んでいきたいと思っているので

きっと非難、批判、悪い評価をされることもあると思います。

そんなときに

取りみだすことなく

笑い飛ばすのではなく 

笑い捨てることが出来るように (捨てるというのは感情を掴まないということです)

精進していきたいと思います。

では、長くなりましたが、私の心に響いた著名人の座右の銘を次の日記でご紹介します。


    

« 就職活動頑張ってください。 | トップページ | 座右の銘にしたいのは 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/48785368

この記事へのトラックバック一覧です: 座右の銘にしたいのは 1:

« 就職活動頑張ってください。 | トップページ | 座右の銘にしたいのは 2 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ