« 自分と神さましかいないんだ。 | トップページ | 人間の遺伝子にはありとあらゆる英知が組み込まれている 2 »

2013年1月 1日 (火)

人間の遺伝子にはありとあらゆる英知が組み込まれている。 1

     
  
教育(education)とは、ラテン語で「能力を引き出す」という意味であり、世の先生たちは生徒たちの内にはとてつもない可能性といろんな能力が潜んでいることに気づいている。

そしてそれらの能力を引き出すことが自分たちの役割であることもわかっている。

だが、どうやって引き出してあげたらいいのか?という術がわかっていない。

生徒たち自らが自分を伸ばそうとしている子供たちに関しては今まで通り勉強を教えることは出来るが、やる気のない子や自信を喪失している子に対しては

「やっぱりこの子たちはダメなんだ」 と烙印を押してしまう。

一方では無限の可能性に気づいているのに、その片鱗が見えていない子供に対しては、現実を見て

「この子には可能性がないのではないか?」

と思ってしまう。

それでは本当の教育(能力を引き出す)は出来ない。

真実は出来る子も出来ない子も同じだけの可能性を秘めているのだ。

それには、真理がわからなければ解決しない。



その真理とは?

それは、人間の遺伝子にはありとあらゆる一切の英知が組み込まれているということだ。

人間の遺伝子、60兆の細胞の中には、人間が生きてゆくためのあらゆる情報も知恵も能力も組み込まれているのだ。

「人間は本来持っている能力のほんの数%しか発揮していない、ほとんどは眠ったままだ」 とよく言われます。

つまり、この世で自分の才能をいかんなく発揮した人とは、誰もがみな平等に神から与えられたこれらの英知をうまく引き出せたかの違いだけなのです。

それらの天才といわれた人たちは、自分の内にある可能性を信じ、コツコツと引き出す努力を重ねた。

他の人たちは、自分の内にある英知を信じなかっただけなのです。

そして天才たちを見て

「あの人たちは自分たちとは違うんだ、特別な人なのだ」 と決めつけたのです。

だがしかし、そうではないことは、最初に述べたように先生をはじめ多くの人たちが気づき出しているのです。

後は、そのことをハッキリと述べる人たちが出てくれば(つまり真理が浸透すれば)

一気にたくさんの天才が現われるようになる(笑)。

天(本心)とつながることによって、天からあらゆる才能、可能性が引き出されることがわかるようになるのです。(天才になることが当たり前になる)

そして、自分が何者であるかがわかってゆくのです。

教育者の方、子どもを持った親御さん、人間(自分)の可能性を知りたい方は是非読んでいただきたい3冊の本があります。

目からウロコ、新しい自分を発見できますよ!

「果因説」 西園寺昌美 白光出版

「思考のすごい力」 ブルース・リプトン

「教育の原点」 西園寺昌美 白光出版




補足

本当の教育(education)とは、大人が能力を引き出す手伝いをすることだと思っていたのですが、引き出すのは生徒本人であり、後は勝手に独学?で学び始めるのです。

先生、親たちは

「君たちをつくっている細胞にはありとあらゆる英知が含まれているんだよ、それを信じて自分のビジョン(夢)に向って努力すればいいんだよ」

と伝えるだけなのです。(多少のアドバイスは要りますが)

それを伝えさえすれば後は、見守るだけでいいのです。

「親(先生)はなくとも子は育つ」

これからはそんな時代になってゆくと思います。

次の日記で 
生きてゆく上で最も重要なこと を「果因説」西園寺昌美著 の中から抜粋します。

人間の素晴らしい可能性、能力、英知のことを知ってください。

 



  

« 自分と神さましかいないんだ。 | トップページ | 人間の遺伝子にはありとあらゆる英知が組み込まれている 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/48558574

この記事へのトラックバック一覧です: 人間の遺伝子にはありとあらゆる英知が組み込まれている。 1:

« 自分と神さましかいないんだ。 | トップページ | 人間の遺伝子にはありとあらゆる英知が組み込まれている 2 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ