« 結婚しない | トップページ | 正しいお金の遣い方 »

2012年12月 6日 (木)

お金にとらわれない生き方

  
みんな 「もっとお金があったらいいな」 と思っている。

お金がたくさんあったら出来ることの選択肢が増え、幸せになる手段だと思っている。

しかしどんな方法を使ってでもお金を得たいとは思わない。(まともな人は)

それは自然に天から与えられたもの、本物ではないからだ。

自分の徳が天に宝を積み、それが地上に降りて来たものだけが本物であり、そうでないもの、徳を積んだものでなければそれはすぐに消えてしまうものなのです。

だが、自分が今受け取っているお金が天から降りて来たものであるのか? そうではない幻であるのか? なんてわからない

また、わかる必要もないのです。

この世(肉体界)は、お金がある程度なければ暮らしてゆくことが出来ません。

だからお金を得ようとしたら、最低限の仕事をしなければならないし、自由気ままに我儘を通すことなんて出来ない、汚れたことも少なからずしていかないとお金を得ることは出来ないのです。

つまり感情、本心をおさえて勘定(お金)を得るという物々交換をしているのだと思うのです。

そしてこの物々交換をすることによって人間は、忍耐という修行をしている。

だから、お金を得る修行をしてその対価として、天から与え給うもの

それが給与なんですね。

今、お金が欲しいと思っている人、リストラ(企業の再構築)によってお給料が減らされて困っている人、仕事が無くて探している人・・・・・・・

お金にまつわることで悩みを抱えている人ってたくさんおられると思うのです。

しかしお金は自分の魂を磨くために必要な分だけしか、天から降りて来ないのです。

少なかったら、少ないからこそ、魂が磨かれやすいのです。

多かったら、多いことを経験することで魂が磨かれるのです。

人それぞれ、人様々なのです。

自分は今、どの状況にあるのか?

この状況によってどんな修行を神様はさせようと考えておられるのか?

そう思えば、お金がある、ないはどうでもいいことだと思えてくるんですよね(笑)

お金の多寡(多い少ない)に把われない“生き方”

そんな自由な生き方ができたら 素敵だと思うのです。

 

今日のつぶやき




1. 「信じる者は救われる」とは、他の誰かが救ってくれるのではない。自分の信念、自分の中の神性が自分で自分を救うのだ。人に期待をしていると必ず裏切られる、というよりその人は「自分を信じなさい」と教えてくれているのだ。
 



2. 総理大臣になったら、大統領になったら、どこかの会社の社長になったとしたら 忙しくなって自分の自由な時間なんて無くなってしまう。そんな人生なんて嫌だと潜在意識で思っているから 今のこの状況、環境になっているのだ。 自分自身が望んだ通りになっているんだ、今がベストの状態なのだ。

 



3. 金持ちになったら、貧乏人にはわからない苦労がたくさんある(笑) 何より気楽さ、自由がなくなる、そんな人生は まっぴらごめん だとわかっているからわざと今、お金のない生活を楽しんでいるのだ。金持ちなんてなろうと思えば明日にでもそうなれるのです。





4. 情に流されず 切り替えを早くしてゆくことが 明るく(軽く)生きてゆくコツなのです。

 




5. 普段は冷静沈着であって これに人を思い遣るというやさしさ(情ではなく)が備わっていれば きっといい人だと思う。

 



6. 感情があらゆる不幸をつくってゆく、だからといって感情を無くしてしまえばいいというのではない 感情を超えて感動に変えてゆくことに人間の美しさがあるのだ。

 




7. 頭で考えたことを口に出してしゃべっても 人の心を感動させることは出来ない それはいい話をしようという計算があるからだ。しかし何の準備もしないでいきなり話してもうまく語ることはできない。相手にわかりやすく伝える練習(準備)を普段からして、本番では 心で語れるようになろう。

 



8. 友だちをつくるのは、自分のことをわかってもらえる人を増やすためではない 自分の中のプラスのエネルギーを振り撒くために友だちになるのです。人を幸せにするために友だちになるのです。

 



9. 人に何かの悩みごとを相談しようと思っていたんだけど、会って話しているうちにその悩みごとはどうでもよくなることがある。それは、人に相談することではなく自分で解決できることだということなのです。自分の心の中にはどんなことも解決出来る素晴らしい叡智が入っているのです。


 




  






  


  

« 結婚しない | トップページ | 正しいお金の遣い方 »

コメント

嬉しいコメントありがとうございます。

最近、ブログを書かないでいたのに覗いてみたらたくさんのコメントを戴いていてビックリ、それも去年の記事を読んでくださっていたと又感激!

今日から、いや明日から(笑)真面目にまた書いていこうと決心しました。

お金や仕事のことって大切ですよね。

仏教の言葉で仕事のことを生業(なりわい)っていうのです。

お金を得ることも、仕事を続けることもお釈迦様は立派な修行だとおっしゃています。

滝に打たれなくても、坐禅を組まなくても、仕事をちゃんとやっていれば

悟りの境地に至って、幸せになれるということです。

だからどんな仕事でも真剣に打ち込んでいる人は立派だと思うのです。

 

4月19日、お金にとらわれない生き方を偶然、検索しました。このサイトにたどりつき、
不思議なかんじでした。わたしの心に、ぴったりきました。
出会えて、よっかたです。

ありがとうございます。

このようなことを書いていただけるとライター冥利に尽きますね。

自分の体験したこと やってきたこと、前向きに(プラス)なれたことなどを文章に変えて、それが読んでくださっている人の少しでもお役に立てれば こんなに嬉しいことはありません。

このブログは私の生きがいにさえなっています。

todaさんほんとうにありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。

 

いつも読ませていただいてます。
朗さんが書かれている事をほんとに理解できるようになってきました。
時々心が乱れる事はありますが、そんな時に何度も読ませていただき気持ちを整理すると、また元気になれる自分がいます。
これからも楽しみに読ませていただきます。
ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/48105559

この記事へのトラックバック一覧です: お金にとらわれない生き方:

« 結婚しない | トップページ | 正しいお金の遣い方 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ