« 11月27日のつぶやき | トップページ | 想いをカタチに »

2012年11月29日 (木)

何度も叩かれる修行は嫌だ!

   
  

今年の世相を表わす漢字に 「命」 が選ばれたそうです。

命という漢字は、人は一生の間に一度は叩かれるという意味なんだとどなたかが評していましたが、私の場合でいえば、一度どころではなく何回も何回も叩かれたように思います(笑)。

そして叩かれた結果、どうなったかというと自分でいうのも変ですが、随分強くたくましくなったと感じているのです。

魂というのは、撫でたくらいでは磨かれず、ダイヤモンドという原石を真っ黒な業(ごう)やカルマ、マイナスのエネルギーが覆っているとしたら、ダイヤモンドを光らせるためには、ダイヤモンドよりももっと硬いもので思いっ切り叩かなければ光は見えてきません。

今まさに私は、叩かれている最中であり、生きることは修行だと思っています。

だからといって、痛いとか辛いとか 「もうやめてくれ」 というのではなく、「ああこれを乗り越えることによって自分はまた成長出来るのだなぁ、ありがたいなぁ」

と思うのです。

そうでなくては、やってられないですよね(笑)。

そして、魂が成長したからといって誰もわかってくれない、認めてくれないかもしれないけど、心の奥底からあたたかい愛のエネルギーが流れているのがわかるのです。

その波動(エネルギー)を感じるだけで嬉しさがこみ上げてくる。

この感覚は、人にはわかってもらえないかもしれません。

自分だけの至福感なのです。

みなさんにもきっと自分だけの幸せを感じる瞬間があるとおもうのです。


人間は生まれて来る時も、死ぬ時も一人である。

これはたしかアメリカインディアンの言葉なんですが(細かい言い廻しは正確ではありませんが)

目にみえる世界では人間は孤独です。

本当に心が通い合う人なんて、もしかしたらいないのかもしれない。

誰も自分の本当の気持ちはわかってくれないと思います。

しかしそうではない。

人間は肉体界だけではなく、目にはみえないけど心の世界に住んでいるのです。

それが霊界であり、神界(宇宙)なのですが

そのことがわかれば人間は寂しくなんてないのです。(人間はすべてのものとつながっている)

孤独では決してないのです。

今は現われては消える幻の世界(肉体界)に私たちは生きています。

早く本当の世界が顕われて来ないかなぁと思っている

今日この頃なのです。





今日のつぶやき


1. どうしてそうなったか?を結果論でいうのではなく、プロセスで語れるようになりたい。




2. 焦らなくてもいい、もう今月も終わる。今駆け込みでどうにかしようとしてもどうなるものではない。月が変わればツキも変わる。そして12月になればみんなせわしくなる。来年でもいいではないか。新しいことを始めるには新年がいい。今はじっくり熟成させる時期なのだ。焦るとロクなことはない。



3.人がやらないような大切なことをやり遂げようとしたら、嫌なことや辛いこと、やるせないことがたくさん起ってくる。そこで凹んで投げ出してしまう人がほとんどだ。しかし不屈の精神でなし遂げることができたとき、誰にも味わうことの出来ない自分だけの至福の喜びに浸ることが出来る。



4. 物事がスムーズにいかないときは、ポイントがズレているのだ。キーマンはその人ではないのにそこにエネルギーを注いだり、思い込みで違う発想が出来なくなっているのだ。もっと頭を柔軟に、いろんな角度から見てみよう。そしてたくさんの人に話してみよう。きっと誰かは理解し応援してくれる。




5. にっちもさっちにいかなくなったとしても、ほんの少しなら前進出来る。なにもしないよりもそれに関わることにほんのちょっとでもいいからエネルギーを注ぐのだ。台風の日にどうしようもないと家で寝ているよりも、「大丈夫かな?と畑を見に行く方がずっと被害は少なく済むのだ。



6. 自分の考えと他人の考えの違いの差を埋めていくのが、プレゼンテーションなのだ。自分の考えと相手の人の考えが=になったとき、ものすごい感動が生まれる。



7. どうしよう、どうしようと悶々としているときは、「もうや~めた」と心をそこから放ってみればいい。しがみついているからエネルギーは流れないのだ。いったん解き放つと、エネルギーは急に流れ出す。いいアイデアも突然出てくる。あきらめるとは、あきらかになるということなのだ。想いを放してみよう。



8. 相手が十分に理解(納得)していないのに、ひとりよがりで強引に話を進めてはいけない。エネルギーは一つにならないと動かないから上手くいかないのだ。心と心が一つになることを合う、愛という。



9. ほんのちょっといつもと違うことをすれば突き抜けられるのに、成功するのに、その寸前で止めてしまう人のなんと多いことか、今までと同じことをやっているから上手くいかないんだ。一遍に自分を変えることは難しい。でも少しずつなら変えれるはずだ。それを努力というのだと思う。



10. 根回しって大切だと思う。自分の考えを少しずつでもほんの数人からでも地道に浸透させてゆく。そして気がついてみたら水を与え続けたスポンジは、ずっしりと重くなっている。絞れば、水がしたたり落ちる状態になっている。仕事とはそういうものなのだ。





  
  

« 11月27日のつぶやき | トップページ | 想いをカタチに »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/48026916

この記事へのトラックバック一覧です: 何度も叩かれる修行は嫌だ!:

« 11月27日のつぶやき | トップページ | 想いをカタチに »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ