« 人間って素晴らしいんだ、宇宙そのものなんだ 1 | トップページ | フォトンベルト »

2012年11月 4日 (日)

人間って素晴らしいんだ 2

  
  
 
肉体人間の頭では、一人と話をしたら精一杯で、側から何かいわれると、“うるさいちょっとだまっててくれよ。順々にやってくれ” なんてなるでしょ。

聖徳太子が何人かの話しを一遍に聞いた、といいますね。

やっぱり聖徳太子は無為にしてなしているんです。

神我一体になっているわけ。

だから何人いたって、話をきかなくったってわかる。

そういうようになるにはどうしたらよいか、というと、

“いのちを捨てざれば生命を得ず” というイエスの言葉は私は好きですが、自分の想い、肉体のいのちをいうものを、すっかり神さまの中に投げ入れちゃうと、神さまの大きな想い、大きな光、大きな力がスーッと入ってくるんです。


みんなは肉体という、あるいは幽体という想いでもって、縮まって、小さく小さくなっている。

それで生きている。

ところが人間は神の子です。

神というのは無限の宇宙の生命でしょ。

その中の自分なんだから、どこだって自由に行けるじゃないですか。

光が流れてくるんだから、宇宙に広がっているわけです。

宇宙に広がっているんだから、何だってわからなきゃならないんです。

それがわからない。

 


ピンからキリまで


この頭で考えないで何が出来ますか、なんて、文句をいってくる人がありますよ。

頭で考えないでどこで考えるんだ、ってね。

「お前のその現われている頭で考えるんじゃないんだ。お前さんはこんな小ちゃな頭だと思っているんだろう。本当の頭はこんなのじゃない。宇宙大に大きいんだ」

といういうわけね。

いわれても何だかわけがわからない。

だけどだんだんわかってくる。


ということは、肉体の頭はこんな小さそうに見えるけれど、その中には脳細胞が六千億あるといわれておりますね。

それを広げると、宇宙大にひろがるんですよ。

原爆のウラニウムというものは、ごく小さなものでしょ。

それが爆発するとものすごいエネルギーが出る。

世界が吹っ飛ぶようなでかいエネルギーが出る。

人間の体はウラニウムよりもずっと大きいです。

そしていろんな元素が入っている。

ウラニウムの何万倍何兆倍あるかわからない大きなもんですよ。

これを原子爆弾のように爆発させてごらんなさい。

一遍でもって地球は吹っ飛んじゃう。

一人でその位のエネルギーを持っているんです。

すごい破壊力を持っているんです。

ということはその逆に、素晴らしい有効な力も持っているというわけです。



  

     

         『空即是色』 五井昌久 白光出版



  

« 人間って素晴らしいんだ、宇宙そのものなんだ 1 | トップページ | フォトンベルト »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/47714196

この記事へのトラックバック一覧です: 人間って素晴らしいんだ 2:

« 人間って素晴らしいんだ、宇宙そのものなんだ 1 | トップページ | フォトンベルト »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ