« 祈り (映画) | トップページ | 法然さんという人 »

2012年10月 4日 (木)

一生懸命に生きている人だけがわかる

  
    
人間はもの凄い力(叡智)を持っているのに、それを知らない(信じていない)ために大損をしているのです。

目に見えるものしか信じない、自分には肉体の自分しか見えないから、肉体の自分だけが本当の自分だと思っている(思い込んでいる)。

しかし実際は肉体の他に幽体もあれば霊体、神体を持った自分もいる。

幽体はビル一棟、霊体は地球よりも大きく、神体に至っては宇宙大なのです。

本当の自分は宇宙そのものなのです。

悟るというのは、心(本心)と吾が一体となること。

本心とは宇宙(天)にあり、吾とは肉体人間の自分です。

天と自分とが合体した姿なのです。

宇宙と合体すると宇宙のあらゆる叡智が流れ入って来る。

すると宇宙は無限なので、無限なる力、無限なる幸福、無限なる健康、無限なる若さ、無限なるいのち・・・・・・が思いのままになる。


人間とは本来そういうものなのです。

そうなるために生まれてきたのです。

人間はみなそうなりたいと思っている。

しかしそのメソッドを知らない・・・・・。

今は、先日お伝えした『祈り』が映画化されたりしてメソッドが紐解かれてようとしている時期なのです。

肉体人間は微力です。

あまりにも弱く、(無限なる力!)

そしてあまりにも愚かです。(無限なる叡智!)

否定的な言い方をするようだけど

肉体人間の力だけでは自分も救われないし、人も地球も救えない。

どうでもいいことばかりを考え、どうしようもないことをしてしまい、どうしようもない状態まで陥ってしまっている。

でも、そんな状態になってもまだ

「自分さえ良ければ、他人や地球はどうなってもいい」とさえ思ってしまう。(悪の心があるのです)

肉体人間はどうしようもないバカなんだ。

肉体人間では、地球はもうダメなんだ。

と徹底的にわからないとダメです。

徹底的にやった人というのは、肉体人間のむなしさを思い知っているのです。

徹底的にやっているから、一生懸命に生きているから、死にもの狂いで頑張っているから、肉体人間の限界がわかる。


この限界までいかないと過信してしまうのです。

「自分(肉体人間)は捨てたものではない」

「自分(肉体人間)は凄いのだ」


・・・・・と。


私のブログを読んでくださっている人というのは、本物を追求している人たちです。

一生懸命に生きている人たちです。

そして、本物(真理)とは何か?

を真剣に探そうとしている人たちです。

そうでないとこんな面白くもない(自分で言ってはダメですね)、得にもならない(今のところ)ブログを読むわけがない(笑)。


これからの日記では、宇宙と一体となるにはどうしたらいいか?を書いてゆきます。



  

« 祈り (映画) | トップページ | 法然さんという人 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/47308467

この記事へのトラックバック一覧です: 一生懸命に生きている人だけがわかる:

« 祈り (映画) | トップページ | 法然さんという人 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ