« 人間ほど神秘的なものはないのです。 | トップページ | 人と人間は違います。 »

2012年10月11日 (木)

宇宙に貯金をする

  
  
  
映画、「祈り」は村上和雄先生の人生経験に基づいて(ベースに)放映していたのですが、物理学者になられた経緯には、幼い頃のおばあさんからの教えがありました。

それは、「貯金には2つある。普通にする貯金と宇宙にする貯金だ。宇宙に貯金をすると必要なときにいくらでも降りて来るんだよ」

だったそうです。

それから村上先生は、宇宙の神秘(法則)に魅かれるようになったのです。

私たちは自分たちの将来、老後のためには貯金はしますが、宇宙に貯金をしようとは思いません。

この場合の貯金とは、“天に宝を積む”ということです。

実際に、宇宙にはお金を積むことなんて出来ない。

だったら何を積むのか? 宝とは何なのか?

それは宇宙が一番望んでいることですよね。夜

宇宙は、宇宙全体が調和し、平和になり、愛に溢れた世界になって欲しいと望んでいる。

それは、人間とまったく同じ思いなのです。

人間も地球が平和であり、調和し、愛の星になって欲しいと願っています。

でも、地震や津波など、不調和なことが訪れたときにだけ平和を祈り、その時以外は祈るのを忘れてしまっているのです。

宇宙(進化した星の人たちも)は絶えず祈っています。

しかし人間はそこに意識を合わせていない。

だから不調和なことが起るのです。

たくさんの人が心を込めて一生懸命に祈ると波動(エネルギー)が変わってきます。

宇宙の調和した波動と波長が合って来るのです。

これが本当の、“天に宝を積む” ということです。

最高の陰徳です。

誰が見ているわけでもない。

誰が聞いているわけでもない。

しかし平和を祈る祈りは確実に天に届いている。

そしてそれが還って来るのです。

宇宙に刻印したものは必ず還って来る。

それが宇宙の法則なのです。

祈ると宇宙からの無限のプラスのエネルギーが私たちの器(肉体)に降りて来ます。

するといつの間にか波動調整が行なわれるのです。

不調和なもの

病気であるとか、貧乏であるとか、人間関係であるとか

人間の力ではどうしようもないようなことも

宇宙の叡智で整って来るのです。

私たち人間はなんのために生まれて来たのか?

それは祈るためです。

祈ることを忘れてしまっていたのです。


そして祈ることが天命であることを多くの人が知ったとき

そして多くの人が祈り始めたとき(エネルギーが変わって)

人間と地球が救われるのです。

個人も人類も

平和は

真の幸せは

祈ることから始まるのです。





世界人類が平和でありますように

無限なる愛

無限なる調和

無限なる平和



  

« 人間ほど神秘的なものはないのです。 | トップページ | 人と人間は違います。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/47407417

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙に貯金をする:

« 人間ほど神秘的なものはないのです。 | トップページ | 人と人間は違います。 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ