« 余裕を感じる人になるには 1 | トップページ | フェイスブックのイイネ!を考案した人 »

2012年9月 7日 (金)

余裕を感じる人になるには 2

  

 
心くばりとは、心の余裕の表れです。

精神的に余裕があってこそ、人にも自分にも心をくばれるもの。

すべてを受け入れ、思いやりを示すことのできる人には、まさに心の余裕を感じます。

忙しすぎると余裕がなくなり、相手や自分が見えなくなってしまいますね。

物事を見きわめたり、本質をつかむときにも、心のゆとりは欠かせません。



どうやったら、その余裕をもてるのでしょう。

物質的、経済的に豊かなことも、大きな要因でしょう。

でも、 「なによりも大事なことは、心構え」 だと思います。


老子は、「足るを知る者は富む」 といいました。

これに由来する 「足るを知る者は常に楽しく生きられる」 という言葉もあります。

「満足することを知り、欲張らなければ、誰でも苦痛から解放され、心が安定して余裕ができる」 ということです。

いつも足りない、もっと欲しいとねだってばかりいたら、ゆとりを感じるどころではありませんよね。

そんなときは、ぐっとハードルを下げてみましょう。

少ないものでも、実はこれで十分に足りていると考えられるようになります。

今あるものを生かしながら、やりくりができるよう、工夫してみるのです。




時間が足りないときは焦ってしまって、心の余裕を奪われてしまいますが、その場合でも、まだこれだけ使える時間があると、残っている時間に注目しましょう。

そしてその中で、どうすれば間に合うか考えるのです。

そうすれば、ムダな動き、優先順位の低いことはバッサリ捨てて、肝心なことだけに集中するという選択もできるわけです。





世界に誇れる日本人の心くばりの習慣 34 三枝 理枝子 中経出版




  

« 余裕を感じる人になるには 1 | トップページ | フェイスブックのイイネ!を考案した人 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/46985050

この記事へのトラックバック一覧です: 余裕を感じる人になるには 2:

« 余裕を感じる人になるには 1 | トップページ | フェイスブックのイイネ!を考案した人 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ