« 徒然なるままに | トップページ | 守護霊、守護神について 1 »

2012年9月20日 (木)

霊位(れいい)について

 
  

今日、最近通い始めた美容院にカットに行ってきたのですが、髪形を「どのようにしますか?」と聞かれて「お任せします」と答えました。

そしてカットが始まり、「ちょっと切り過ぎかな?」と思ったのですが、帰ってから鏡で見直してみるとちょうどいいくらいの長さになっていました。

いかにも、「カット(散髪)しました」風でもなく自然に整っている。

カットが終わった時、「ちょうどいいな」と思うのは、ほんの数週間後では、もう伸びすぎになり、すぐにまたカットしたくなるので、そこを見越して、心持ち短めにカットしてくれている。

しかも短くなったことが自分も人も感じない。

ここが美容師の人の腕のみせどころですよね。

つまりすぐに完璧を求めるのではなく、余白、余韻を残した方がかえって心は満足するものだと思うのです。

 
私もブログを書き終わった時に

「う~んよい出来だ!」と自己満足を感じることより

みなさんに、「なんだかよくわからないけど、心に響いた」と感じてもらえる文章を書いていこうと思ったのです。

これから書く霊位もみなさんが聞き慣れない言葉だと思うです。

でも、きっと思い当たるふしはあると思います。






霊位について

  
世の中(地球上)にはいろいろな考え方の違う人がいるのではなくて、いろんな霊位の人がいるのです。

それは、その人の意識が神界(天国)にあるのか?霊界(浄まった世界)、幽界(迷いの世界)、肉体界(今は幽界が現われている)のどこにあるか?なのです。

いろんな想いの世界(自分の世界)を持った人が玉石混交、入り混じって同じ肉体界に共存しているのが今の地球であり日本なのです。


これらの人たちが地震に遭ったとして、意識が神界にある人は、災難という波長に合わないので、なぜかその人だけ助かったりする。

幽界の人は合ってしまうわけです。

プラス思考の人(徹底的な)は、プラスと共鳴し合い、マイナス思考の人はなぜか同じような人が集まってくるのです。

死ぬとどうなるかというと、全く同じ波長同士が一緒に住むことになる。

お金を毎日数えている人は、そういう人たちばかりの世界へ行くわけです。


肉体を持って、今地球に住んでいるということは、実はありがたいことなのです。

いろんな人を見て、自分を顧みることが出来る。

成長出来る要素がいっぱい詰まっているのです。

死んでも、魂(心)は永遠に生き続ける。

だったら生きていても、死んでも同じじゃないか?

って思うかも知れません。

しかし、死んだら同じ人格?人柄?思想、思考の人ばかりの世界へ行くことになる。


そんなの面白くないですよね。

たぶん、退屈極まりない・・・。

私はご免こうむります(笑)。

多少しんどいこと、辛いことがあっても

こちらの方がいいです。わーい(嬉しい顔)


  


« 徒然なるままに | トップページ | 守護霊、守護神について 1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/47147306

この記事へのトラックバック一覧です: 霊位(れいい)について:

« 徒然なるままに | トップページ | 守護霊、守護神について 1 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ