« 一休和尚の遺言 1 | トップページ | 一休和尚の遺言 3 »

2012年9月14日 (金)

一休和尚の遺言 2

  

一休和尚の説話の一つに、遺言の話があります。

一休さんは、亡くなるときに一通の封書を寺の弟子たちに残しました。

「この先、ほんとうに困ることがあったら、これを開けなさい」

と言い遺しました。

何年かたって、寺に大変な難問題が持ち上がり、どうしようもないので、弟子たちが集まって、その封書を開いてみると、そこには

「 しんぱいするな なんとかなる 」

と書いてありました。

とたんに弟子たちは一同、大笑いの内に落ち着きと勇気と明るさを取り戻し、難しい問題を解決できたという話です。



  


« 一休和尚の遺言 1 | トップページ | 一休和尚の遺言 3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/47071062

この記事へのトラックバック一覧です: 一休和尚の遺言 2:

« 一休和尚の遺言 1 | トップページ | 一休和尚の遺言 3 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ