« フェイスブックのイイネ!を考案した人 2 | トップページ | 一休和尚の遺言 2 »

2012年9月14日 (金)

一休和尚の遺言 1

  
  

宇宙の法則というのは、すごくシンプルです。

それは、心の中のもの(心境)がそのまま、そと(現実)に現われるということ。

絶体絶命のピンチのときに、上手く切り抜けるか、そのままダメになってしまうのは

ピンチのときの機転であるとか、対応の仕方(テクニック)ではなく、いかに落ち着いていられるかなのです。

でも、そんなとき人間は

「どうしたらいいか?」

を考えてしまいます。

頭はパニックになっているので

ますます混乱する

そして

「もうダメだ~」

になってしまう

心の中は

「もうダメだ~」

だから

現われてくる現象も

「もうダメ~」

になってしまうのです。

絶体絶命になったときどうしたらいいか?

例えば自分が運転をしていて

対向車が自分の車に突っ込んで来たとします。

まさしく

「もうダメだ~」

ですが、そのときにハンドルをどうしようとか

相手の車はどっちにハンドルを切ってくるのか?を考えるのではなく

「絶対大丈夫!」

を連発して言うのです。

「絶対大丈夫!絶対大丈夫!絶対大丈夫!絶対大丈夫!」

「神様助けて!神様助けて!神様助けて!」

でもかまいません。

意識を現状から外し

プラスのエネルギーの方に向けるんですね。

宇宙は波動(エネルギー)で出来ています。

目に見えるものも、見えないものも

すべては波動(エネルギー)なのです。


悟った人というのは、この宇宙の法則をよくわかった人なのです。

一休和尚もそんな人だったのですね。

では、私が大好きな一休和尚の説話をご紹介します。



  


« フェイスブックのイイネ!を考案した人 2 | トップページ | 一休和尚の遺言 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/47071025

この記事へのトラックバック一覧です: 一休和尚の遺言 1:

« フェイスブックのイイネ!を考案した人 2 | トップページ | 一休和尚の遺言 2 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ