« 悩みの解消法 2 | トップページ | プロの自覚 2 »

2012年8月21日 (火)

プロの自覚 1

  
  
  
私は、真面目過ぎるのかもしれないけれど、例えば、仕事で何か失敗をして会社や誰かに迷惑をかけたとしたら、給料(お金)を戴くのは申し訳ないと思うのです。

失敗やミスはある程度は想定内だったとしても、ある仕事を任された以上は、ちゃんと出来て当り前、ミスはやはり許されないのです。

「人間だから失敗もするさ」

「たまにだったら仕方がないじゃないか」

はやはり甘えなのです。

だってミスや失敗をほとんどしない人が存在するのですから・・・。

私の妻は今、雇われて園芸の仕事をしています。

水を得た魚のように、仕事が楽しくてしかたがないそうです。わーい(嬉しい顔)

しかし、そんな彼女も今の仕事を得る前に仕事探しをしていました。

そのときに3日間だけ行った職場があります。

3日間は頑張って行ったものの、4日目の朝に、どうしても自分には合わないと思い

「すいません、私には無理なようです」と断りの電話を入れました。

先方の人は、やってくれると思っていたようで残念がっていましたが

「わかりました。では3日分の日当をお支払いしますので振込先を教えてください」

と言ったのだそうです。

妻は

「とんでもありません、なんの戦力にもならず、ご迷惑をおかけしたのに受取るわけにはいきません」

と丁重に断りました。

先方の人もお金の処理に困るので受け取って欲しいと言っていたそうですが、それだけは絶対に無理ですと妻は言い通しました。


「戴いておいたら」

とそのとき私は言ってしまったのですが

我妻ながら

「この人は善い人だな」

と思ったのです。

なによりも自分に正直に誠実に生きている。

人として尊敬できたのです。


そのときに1万数千円をもらって、みんなで食事に行ったとしても

それは、美味しく食べれる食事にはならないのです。

働くのもエネルギー、お金を戴くのもエネルギー

そして食事をするのもエネルギーです。


自分がどんなエネルギーを発し、選択し、そして意識してどのように使っていくかによって

幸せに生きられるかどうかが決まるのです。

エネルギーは正直です。

心の中のものがすぐに表に現われます。

だから油断しないためにも (緊張ばかりしては疲れますけどねわーい(嬉しい顔)

私たちはプロの自覚がたいせつなのです。



  

  
  

« 悩みの解消法 2 | トップページ | プロの自覚 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/46773854

この記事へのトラックバック一覧です: プロの自覚 1:

« 悩みの解消法 2 | トップページ | プロの自覚 2 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ