« 自らの心に苦を刻まない生き方 2 | トップページ | 相手の人が今どういう状態なのか?を知る 2 »

2012年8月 3日 (金)

相手の人が、今どういう状態なのか?を知る 1

  
今、けっこうロンドンオリンピックにはまっております(笑)。

体操の内村くんよかったですね!

団体のときの失敗からよく立ち直ったと思います。

私が彼が失敗を繰り返していたときに思ったのは

今の彼の精神状態はどうなんだろう?

なにか心配事、心がスッキリと晴れないこと(個人的な悩み)があったのでないのだろうか?

・・・・でした。

人は何の心配ごともなく、一つのことに集中できることは難しいと思うのです。

自分では、はっきりと把握していなくても

モヤモヤして心に雲がかかっている状態は誰にでもあります。

それがいったい何なのか?

そのままにしておくと

いつもイライラしていなくてはなりません。

しかし

モヤモヤをはっきりさせるには勇気が要ります。

原因がわかってスッキリすることもあれば

わかったところで

「どうしようもない」

「わからなかったほうがよかった」

という人も多いのではないでしょうか? (人の心理は複雑です)

カウンセリングというのは

その人の心の中のモヤモヤを表面に浮かび上がらせて

自分で気づくようにしてあげることだと思います。

しかし、そこでは決してアドバイスをするのではなく

鏡に徹するのです。

その人が浮かび上がってきた“問題点” に

どう向き合い

どうしてゆくのかは

その人の自由です。

心の中は

その人の“聖域”なのです。

決して立ち入ったり

踏み込んではいけない


ただどうすることもできないけれど

相手の人が今どんな状態なのか?

どんなことで悩んでいるのか?

を何となくでも

知っておくこと

把握しておくことって

とても大事なことだと思うのです。


的が外れていて

違っているかもしれない

でも、無関心で

相手のことを

なにも観察もしていない

よりは

ずっと、ずっと、素晴らしいことだと思うのです。

観察しているうちに

相手の心を読めるようになる

これを洞察力(どうさつりょく)といいます。

洞察力は観察を続けた後に身についてくるものです。

学校の先生、親、会社の同僚、上司、友だち・・・・

観察力は

すべての人間関係に必要なことではないでしょうか?


今、読んでいる本のなかに相手の状態を知るためにはどうしたらいいか?

が書いてありました。

実際に対面して聴けることにこしたことはないのですが(相談して来ることはまれです)

相手を知ろうとしたら

「ああこの人は今、こんな状態なんだろうな」

ということが言動だけでわかることがあります。

次の日記で 「関心度チェックシート」 をご紹介しますので

よかったらみなさんも参考にしてみてください。



  

« 自らの心に苦を刻まない生き方 2 | トップページ | 相手の人が今どういう状態なのか?を知る 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/46564525

この記事へのトラックバック一覧です: 相手の人が、今どういう状態なのか?を知る 1:

« 自らの心に苦を刻まない生き方 2 | トップページ | 相手の人が今どういう状態なのか?を知る 2 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ