« あなたは創造主 2 | トップページ | あなたは創造主 4 »

2012年8月28日 (火)

あなたは創造主 3

  
  
 
お金にたとえたけれど、力にしても能力にしても、素晴らしい力、能力を持っているのです。けれど自分は知らないで、少しの能力しかないと思っている。思いこんでいるから出せないんですよ。

あると思っている人は出せるんです。
 



無限の能力がある


どっちが本当かというと、ある方が本当なんです。

何故ならば、人間の本体は神だから、神様のいのちをそのまま持っているんだから、いくらでもいくらでも、出せば出るんです。

天にありますから、引き出せばいくらでも出てくるんですよ。

それを引き出さない。

自分はもうこれきりでダメだ。

チョボチョボと出して、それでもって、私はダメですダメです、私は出来ません、ってなんでもかんでも、やらないうちから出来ません、とか、やりもしないで出来ません、といっています。 案外、やれば出来るんです。


戦争中、力のない女の人が空襲の時、いくらでも力を出しました。

戦争中はいろいろ苦しい想いをして、寝る時間も寝なかったり、食べるものもあまり食べなかったり、それでいて、今以上、力仕事を平気でしていたんです。

ところが今は食べるものはたくさん食べて、栄養はたくさんつけて、充分に寝ていながら、昔よりズーッと力がないんですよ。

ないんじゃなくて出さないんです。

一旦緩急(いったんかんきゅう)、事あると力が出てくる。事があると力が出るということは、力があるということで、出し惜しみしている。

出し惜しみじゃなくて、力があるのを忘れているんです。

自分に能力、才能、力がある、智恵もあるということを再び思い出すために、お祈りするんです。

自分は神様の子であり、神様の分生命である、ということを思い出すために、一所懸命お祈りをするわけです。

どういうものがお祈りかということを説明すると、本当は千億万の力がある、素晴らしい力があるということを忘れている。

何が忘れさせているかというと、自分の肉体にまつわる想いなんです。

肉体のほうにある想いがダメだダメだと思うんです。

だからこの想いをどんどん毎日毎日神様のほうへ入れていく、それもお祈りの言葉にのせて入れておきますと、邪魔がなくなる。

邪魔がなくなるに従って力がどんどん出てくるわけです。

皆さんはおそらく、百万の力があったとしても、出しているのは、たった三か五なんですよ。

百万分の三か五ぐらいの力しか出していないんです。

それで自分は一端(いっぱし)やっているつもりなんです。




 「内なる自分を開く━ 本心開発メソッド」五井昌久 白光出版




 
感想


上記の文章を読んでいて思ったのは、人間は果して神の子か悪魔の子かという時に、神の子だって思った方が絶対にいい(得)ですよね(笑)

自分はアヒルの子だと思い込んで暗く生きるより、自分は白鳥(神)なんだ、美しく、誇り高きものなんだと思って生きるのでは雲泥の差があります。

子どもを育てるのでも、今はあひるの状態が現われているかもしれない・・・でもこの子は白鳥なんだからいつかは必ず素晴らしい力を発揮するんだと信じて育ててゆけば、余裕を持って子育てが出来ると思うのです。


「あなたは神の子なのよ、パーフェクト(完璧)なのよ、それを信じなさい」

その一言だけでいいと思うのです。



今一番、パワーのある言霊



「すべては完璧、欠けたるものなし、大成就」


この言葉を唱えるとマイナスの想いが消え、いつの間にかプラスのエネルギーで溢れてきます。

マイナスとは現象ではなく、心の中の状態をいうのです。


  

   

« あなたは創造主 2 | トップページ | あなたは創造主 4 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/46853473

この記事へのトラックバック一覧です: あなたは創造主 3:

« あなたは創造主 2 | トップページ | あなたは創造主 4 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ