« マジシャンからのメッセージ 2 | トップページ | 気づかいのルーツ 2 »

2012年7月13日 (金)

気づかいのルーツ 1

   
 
日本人って素晴らしいなぁ、日本の文化は、日本人の気づかいは、他国にはないよなぁと

最近、日本の良さを実感しているのですが、これらの日本独特の文化はいつ頃から発生していたのか?

今読んでいる、「日本人にしかできない気づかいの習慣」上田比呂志著 には、そのルーツが書いてあったのです。

先日、私は東京に行っていたのですが、大阪と比べて人の多さにびっくり(田舎者みたいですね)

「こんなにたくさんの人が居るところで、私はとてもじゃないけど住めない」

と思ったのです。

しかし、我息子ももちろん、大阪から転勤等で行った友だちも不平不満を言う訳でもなく、東京で淡々と暮らしています。

雑踏の中、ストレスとか溜まらないのか?

逃げ出したくならないのか?(静かなところへ行きたくならないのか?)

ならないとしたら

そこには東京ならではの

なにか秘密、秘訣があるのでは?

大阪と比べて、東京の人たちのマナーの良さは、よく言われていることなのですが

その、マナーの良さはいつ頃からつちかわれたものなのか?

その根本(ルーツ)には、東京の歴史が関係していたことには、この本を読むまでは気づきませんでした。

今をさかのぼること、300年ほど前(1700年頃)、江戸と言われた東京の人口密度が今の10倍だったというのは

みなさんご存知だったでしょうか?(想像できませんよね)

道を歩くのでも人とぶつからずに歩くことが至難の技だった状況です。

自分のことだけを考えていたのでは

すぐに喧嘩になってしまいます。


次の日記でこの本から抜粋した文章を載せていきます。

よかったらお付き合いください。


  

« マジシャンからのメッセージ 2 | トップページ | 気づかいのルーツ 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/46311634

この記事へのトラックバック一覧です: 気づかいのルーツ 1:

« マジシャンからのメッセージ 2 | トップページ | 気づかいのルーツ 2 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ