« 気づかいのルーツ 2 | トップページ | 明日、ライフカウンセリングを行ないます。 »

2012年7月13日 (金)

あたりまえのことに誇りを持つ

 

  
「笑顔で接する」

「約束を違えない」

「人の時を盗まない」

「名刺をもらったらその日のうちにメールでお礼をしておく」

「感情的にならない」

などなど、世間で

“あたりまえ” と呼ばれていることはたくさんあります。

仕事の進め方であったり、コミュニケーションであったり、ものの教え方であったり、いろんなルールや習慣があります。

しかし、人間はすぐに楽をしてしまいます。

せっかくのいい習慣も、気を抜くとすぐに悪い習慣に変わってしまうのです。

志村けんさんが著書の中で言っていました。

「常識をバカにする奴に、常識を超えたことは絶対に出来ない」。

これは、芸能の世界に限らないと思うのです。

気づかいというのも、ごくあたりまえのことの積み重ねです。

ここまで述べてきたことも、日常の中ですぐにできることばかりです。

決してハードルは高くありません。

何度も言いますが、気づかいというのは些細なことでいいのです。

しかし、その些細な行動を積み重ねていった先に、円滑な人間関係であったり、信頼関係であったりができあがります。

 では、いい習慣を悪い習慣に変えないためにはどうすればいいのか。

その方法が、誇りを持つこと。

自尊心だと思うのです。

ディズニーのキャストがなぜ笑顔や掃除を徹底してやり続けられるかといえば、その自分に誇りを持っているからです。

自分のちょっとした気づかいが相手に受け入れられた。

すると、その喜びが原動力となり、もっともっと気づかいができるようになります。

あたりまえでないことをやるには、あたりまえをまず徹底すること。

その先に、誰もが 「すごい」 と言うものができあがるのだと思います。





  
 日本人にしかできない「気づかい」の習慣 上田比呂志著




  

« 気づかいのルーツ 2 | トップページ | 明日、ライフカウンセリングを行ないます。 »

コメント

今回も意義深いですね~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/46315510

この記事へのトラックバック一覧です: あたりまえのことに誇りを持つ:

« 気づかいのルーツ 2 | トップページ | 明日、ライフカウンセリングを行ないます。 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ