« マジシャンからのメッセージ 1 | トップページ | 気づかいのルーツ 1 »

2012年7月10日 (火)

マジシャンからのメッセージ 2

  
  
先日、以前から気になっていたあるマジシャンの番組をテレビで見ながら妄想にかられ、最終的に自分の中に、ある真理を見出しました。

そのマジシャンは驚くべき物質化現象、物質透過、瞬間移動、透視などを演出していました。

ここから私の妄想は始まります。

彼は、自身が持っている能力の正体を明かしたら世間は大騒ぎすることを読んでか、あえて “マジック” として見せているように見えます。

三次元世界で生活している人間にとっては到底理解できない現象であるからです。(中略)

私はマジックか超常現象か定かでない事態を現わしつづける彼の姿に釘つけになっていました。

彼は、喜びにあふれた無邪気な表情で、多くの人を驚かせ喜ばせています。

そんな姿を見ていて、私は彼からあるメッセージを受け取ったように思いました。

彼のような能力を持っていたら、人を支配することは容易に出来ます。

世界を支配することだって容易に出来るわけです。

しかし、彼の選択は “マジック” と称して純粋に人を喜ばすことであったわけです。

説法を説くわけでもなく、その能力を伝授するわけでも、ひけらかすわけでもなく、人に喜びと驚きと希望を与える生き方をしているわけです。

私はそこにすごくシンプルなメッセージを見つけたように思えたのです。


人間は最終的には悟り、すべてを得た時、きっととてもシンプルなことを一番の生きがいと感じるのではないかと思ったのです。

それは、自分の力を拡大させようとか、永続させようとかいうものではなくて

 “今この瞬間にどれだけの喜びを多くの人々に与えることが出来るか”

というとてもシンプルなことです。

周りに喜びを与えることが、自分が毎日朝を迎える理由になり、人に幸せを提供することが、何よりも自分人生の生きがいになるのではないかということです。

 “今この瞬間いかに人を励まし、今この瞬間いかに人を生かし、今この瞬間いかに人を喜ばせ、今この瞬間いかに人を驚かせ、今この瞬間いかに人に光を与えることが出来るか” 

もしかしたら、これこそが自らに生きる意味と喜びを与えてくれるものではないかと思いました。

これを自らの人生において真に経験できた時、本当の意味で

“我即神也、人類即神也” を生きていると実感できる瞬間に遭遇できるのかもしれません。


 “霊性を開発する” “神性を顕す” ということは、シンプルな言葉に言い換えれば

 “自他にどれだけの喜びを与えながら生きていけるか”ということなのかもしれません。

私はブラウン管に登場しているマジシャンの喜びと幸せに溢れた姿を見て、不思議な世界へ誘い込まれていました。

そしてマジシャンを見てはしゃぎ喜んでいる観客の姿を見て、大切なメッセージを受け取ったように思えたのでした。




        
             

              西園寺里香さん




  

  

« マジシャンからのメッセージ 1 | トップページ | 気づかいのルーツ 1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/46275238

この記事へのトラックバック一覧です: マジシャンからのメッセージ 2:

« マジシャンからのメッセージ 1 | トップページ | 気づかいのルーツ 1 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ