« 大阪本町ヒーリングカフェ開催のお知らせ | トップページ | 愛することを止めるな »

2012年6月18日 (月)

進め進め、進まざれば魂は死の道に止まる

  
  
 
やたらに自己限定して、自分はダメなものなり、と思って、自分で何事もやらないで、虚無的な投げやりの気持ちになっていることが一番いけないことなのです。

人間にはたゆみなき前進があるのみなのです。

人間は後退することを赦されておりません。後退すれば、それだけ、より以上前進せねばならぬようにできています。

少しづつでもよい、前進に前進を重ねてゆく時、その人はそれだけ立派になっているのですし、本心が輝いてくるのです。

怠惰な想いや、虚無の想いに把われて、人間の本性であり、たゆみなき前進の心を忘れてはなりません。

進め、進め、進まざれば魂は死の道に止まります。

心を広く、心を大きくして、自己の置かれた立場で全力を挙げて生きぬいてゆく人々こそ、神の子として称えられる人であります。





       
「日々の祈り」 五井昌久 白光出版


 

 
感想

休みの日に、ほとんど寝てしまって、事前に「○○をしよう!」「溜まっている△△をやってしまおう」と計画を立てていていたのが、計画倒れに終わってしまったときなど

「ああやっちゃった」

「もったいなことをしてしまった」

と自己嫌悪に陥るのです。げっそり

そんな中でも、ちょっとでも何か善いことをしたり、人の役に立つことをしたりしたら

心が安心するのです。

だから

人間は後退することを赦されておりません。後退すれば、それだけ、より以上前進せねばならぬようにできています。

の文章は身に沁みます。

厳しいけど、人間は宇宙と同じで常に進化し続けないと生命を維持することが出来ないのです。

生命は生きてはいても死んだも同然の状態になるのです。

怠惰であったり虚無の想いは何の前進も生みません。

そのつけは必ず回ってきて

次の日にはその分も余計に進化しないと追いつけなくなる。

こんなことを書くと

生きることがしんどくなる人もいるかもしれませんが

人間は死んだ後も魂は生き続けて

他の世界

幽界、霊界、神界に行ったとしても同じなのです。

どの世界でも進化しつづけていかなければならない。

私は、ねばならないという言葉は嫌いですが(笑)

これはもう宇宙の法則だからしかたがないのです。

武田鉄也さんの亡くなったお母さんが武田さんに言っていた言葉があります。

「休みたいとかサボりたいとか、そんなことを想ったときは 死ね!」



愛情に溢れた親だからこそ

子に言える言葉なのです。

そう想ったら(マイナスや怠惰な想い)

苦しいのは自分なのです。

みなさんもしんどいとき、休みたいとき、ダラ~としたいときもあると思います。(私にももちろんあります)

でもそれは、少しだけにしといて

「さぁ、もう休憩は終わった、頑張ろう!」

と気合を入れていきましょう!



  

« 大阪本町ヒーリングカフェ開催のお知らせ | トップページ | 愛することを止めるな »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/45700815

この記事へのトラックバック一覧です: 進め進め、進まざれば魂は死の道に止まる:

« 大阪本町ヒーリングカフェ開催のお知らせ | トップページ | 愛することを止めるな »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ