« 自分の問題は自分で解決すべきもの 1 | トップページ | 自分の問題は自分で解決すべきもの 3 »

2012年6月29日 (金)

自分の問題は自分で解決すべきもの 2

  

 
欧米人はあくまでも自立しています。

子供の時から自立するように育てられています。

これが日本の教育との根本的な違いであります。

日本人は自立が出来ないのです。

自分の責任を自分で負えない部分があります。

他人のアドバイス、他人の命令に従っていくほうが楽なのです。

自分で決定すると、自分で責任を取らなければならない。

親や教師や友人、あるいは哲学者や宗教家から

「こうすべきだ、こうしたらいい」 という一つに決定的なアドバイス、解決策を与えてもらい、それに従うことによって、自分の苦しみから逃れてゆく。

これは “自分の人生は自分で築いてゆく” という一番根本的な生き方から外れてしまっているのです。

アメリカ人たちは、

「日本人というのは考え方が甘い。 個人が本当に個人であるのは、他人に言えない部分があるからであって、それを明かすことは自分の存在を危険にさらすことになる」

とまで言っているのです。

最後の部分というのは誰にでも打ち明けることはしない。

自分が決めるべきことであるのです。

それを誰でも教育によって学んでいるのです。

自分で決断を下す時、どう下したらいいか分からない、どうやって結論に導いていったらいいか分からない。

だから両親の話を聞いたり、宗教家の話を聞いたり、哲学者の話を聞いたり、あるいは議論を戦わせたりする。

そして最後にそれらをまとめ上げ、自分なりの考え方によって解決していくのです。



  

  
         「教育の原点」 西園寺昌美  白光出版




  

« 自分の問題は自分で解決すべきもの 1 | トップページ | 自分の問題は自分で解決すべきもの 3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/45997822

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の問題は自分で解決すべきもの 2:

« 自分の問題は自分で解決すべきもの 1 | トップページ | 自分の問題は自分で解決すべきもの 3 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ