« 誤った霊能 1 | トップページ | 真の霊能の条件 »

2012年6月20日 (水)

誤った霊能 2

  

  
  
真の霊能と魔境的、迷いの心の幻覚、幻聴とは違います。

魔境とは、まず最初に自己の力を誇示したいとか、自己の都合のよいようにその力を使いたいいう想念でなった霊眼、霊聴、霊言のすべてをいいます。

そうした想念が魔境的想念なのでありますから、そうした想念、統一でなった霊能は、全部一度打ち消してもとの普通人に還らなければいけません。

それは例えば霊眼に仏菩薩の姿がみえ、霊聴に神と称しキリストと名のってきこえてきても、これはダメなのです。

何故かというと、自己利益的欲望では、絶対に神仏の真の力をいただく境地にはなれないからです。

魂の開発向上には少しも役立たぬばかか、ついに自己の身を滅ぼし、他人の魂を傷つけ、ゆがめてしまうようになるのです。




 

         「日々の祈り」 五井昌久 白光出版



感想


邪宗教の人、あるいはあやしい人?からなんらかの話を聴いたとき、ほとんどの人は、

直観で

「おかしい!」 とわかるものです。

自分の波動(エネルギー)がよほど、常軌を逸していなければ、共鳴することはないのです。

そういう意味では、そんなに心配をすることはないのですが、本文にあるように自己の力を誇示したい、注目されて崇拝されたいという気持ちは人間ならば誰しも持っているものなのです。(多かれ少なかれ)

それを自制心や良心に照らし合わせて

「いけない、いけない」 と我に帰るのですが、

この

「いけない、いけない」 が弱いと邪な邪宗教にのめり込んでしまう可能性があるのです。

欲がその人を狂わすのですね。

この状況を観て、私たちを守ってくれている守護霊守護神は、もちろん、インスピレーションを与えて、自分のかわいい子孫を危機から避けさせようとされるのですが

騙される?偽物をつかませるのも、

「いい経験になる」 と一旦はつかませるように持っていったりするので

神の愛は人間の浅はかな知恵では推し量ることはできないなぁと思うのです。

私の周りにも

「それはちょっとあやしいのではないかい?」

とか

「やめといた方がいいと思うよ」

という状況にある人はいるのですが

手を引っ張って

「目を覚ませ!」

というわけにはいかず (かなり危ない場合は言いますが)

静観しているのです。(もちろん、ただ観ているだけではなく、その人の天命がまっとうされることを祈りつつですが)

でも、そのような道にいかないにこしたことはありません。

そのコツとは

魔境的(幽界)な世界に興味を持たないこと

神秘力を得たいと思わないようにすること

3次元をおろそかにしないこと(現実から逃げないこと)

・・・・・・・・・・・・などがありますが

本文にありますように

聴こえてくる幻聴を一切否定し、相手にしないことです。(本物にみえても)

神様はそのような形で、私たちにメッセージを送ってくることはないからです。

ハッキリと示すことはないからです。

幽界の魔境の生きもの(不良霊)たちが面白半分でちょっかいを出してくるのです。

それにひっかからないようにするには

そのようなものに波長を合わせない

“凛とした”人として正しい 生き方をしていることが

なによりも大切なことだと思うのです。


  


 


  

« 誤った霊能 1 | トップページ | 真の霊能の条件 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/45723577

この記事へのトラックバック一覧です: 誤った霊能 2:

« 誤った霊能 1 | トップページ | 真の霊能の条件 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ