« 愛のある雰囲気を 1 | トップページ | 人間の本質 1 »

2012年6月10日 (日)

愛のある雰囲気を 2

  

   
元来、人間の想念というものは肉眼には見えませんが、各種の波状をえがいて、その人の周囲から流れ出ているもので、その人の長い間(過去世からの)想念の蓄積が、その人の雰囲気となって他に伝わり、あるいは様々な環境や運命を創り出しているものなのです。

そうした雰囲気が霊眼者には、光とみえたり、黒雲のようにみえたりするのです。

ですから、そうした想念の波動からみれば、その人がどの程度の魂的高さをもっているか、常にどのような行為をしているかがわかるのです。

常日頃から愛念で生きている人の魂は光を放っています。

愛が深いということは、本心が顕われている証拠であり、神の心の働いている証であるのです。


      

         「日々の祈り」 五井昌久 白光出版


  

« 愛のある雰囲気を 1 | トップページ | 人間の本質 1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/45597552

この記事へのトラックバック一覧です: 愛のある雰囲気を 2:

« 愛のある雰囲気を 1 | トップページ | 人間の本質 1 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ