« 正義と寛容との調和 | トップページ | 含蓄のある名言を載せてみました。 »

2012年6月18日 (月)

寛容と思いやり

  
  
おもいやりと寛容、この二つの心は人類にとって最も大切な心である━。

寛容というのは一口にいって、ひろくいれる寛大な心ですが、この心は愛の心の一つの現われなのです。

愛の心はおもいやりという風にも現われますし、寛容、赦しというようにも現われます。

思いやりの心は愛の心が細かい心づかいになって、相手の想いの波に同調しながら光を入れてゆく、ということですから、こちらから相手の心のなかに入ってゆくわけです。

寛容のほうは相手の心、想いをこちら側に受け入れて、自己の心のなかで消化させてしまうことであります。

 この二つの心があれば、たいがいの人は、その人には好意を持ち、その人の愛を受け入れるでしょう。


 


    「日々の祈り」 五井昌久 白光出版




 
感想

この文章を読んで、おもいやりと寛容の違いがハッキリとわかったような気がします。

というより、おもいやりとは、 寛容とはどういう心の状態か?

がわかったのです。


おもいやりとは相手の心に同調しながら光を入れて浄めてゆくことであり、寛容とは、相手の想念を受け入れて自分と同化させて一緒に消化させるということ。

消化と浄化とはどう違うか?

それは同じだと思うのです。

どちらも相手の想念をきれいにする

ただ相手と同調(波長を合わせる)してからか、自分の中に同化させてから清めるかの違いです。

ここの波動の奥深さがあります。

相手の人によっておもいやりが必要なのか、寛容さが必要なのか?

それはエネルギー(波動)がわからないと区別がつかないのだと思うのです。


   

« 正義と寛容との調和 | トップページ | 含蓄のある名言を載せてみました。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/45701754

この記事へのトラックバック一覧です: 寛容と思いやり:

« 正義と寛容との調和 | トップページ | 含蓄のある名言を載せてみました。 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ