« 家庭運をよくするための祈り 2 | トップページ | 悟りとは 2 »

2012年6月 9日 (土)

悟りとは 1

  
人は、なにかわかったような気がしたときや閃いたような気がしたときに

「悟った」と簡単に言ったりしますが、悟りとは、普通の人間がそう簡単になれるような境地ではなく

心を鎮め切って、奥深くに入り込んでいかないといけるものではないのです。

悟りの左は、りっしんべん、心ですが本心を表しています。

そして右の吾とは、肉体人間の自分こと

つまり、天にいる本当の自分と肉体界にいる自分が一つになった状態が悟った状態なのです。

私たちは肉体界だけにしか、自分はいないと思い込んでいます。

しかし、本当の自分とは、地上のこの世界にいるのではなく、天界(天国)にいるのです。

その天界にいる自分に逢うためには、心の奥深くに入っていかないと逢うことはできないのです。

お釈迦様が座禅観法させ、精神統一させたのも肉体意識を越えて宇宙(神、仏)意識になるためだったのです。

肉体意識を越えるとは、どういうことなのか?

それは感情を越えるということです。

私たち人間の神性(神である部分)を隠蔽しているのは、感情なのです。

感情が人間が神の姿(神性)を顕わそうとするのを邪魔しているのです。

人間の美しさとは、悲しみなどの感情を乗り越えようとしている姿にあるのではないでしょうか?

その姿は凛々しく、輝いて見えます。

私たちは、この神性を顕わしていくこと、つまり悟った状態を出来るだけこの肉体界に顕現していくことが、この地球界に天下ってきた目的なのです。


ちょっと話が硬くなってしまいました(笑)

それでは、五井先生による 悟りとは

次の日記からご紹介していきます。



  


« 家庭運をよくするための祈り 2 | トップページ | 悟りとは 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/45593648

この記事へのトラックバック一覧です: 悟りとは 1:

« 家庭運をよくするための祈り 2 | トップページ | 悟りとは 2 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ