« 責任を知る | トップページ | 大阪本町ヒーリングカフェ開催のお知らせ »

2012年6月12日 (火)

おろそかにしない

  
  
  
人から何かを命ぜられる。

その命ぜられたことをその通りにキチンとやる。

そこまではよいけれど、そのやった結果を、命じた人にキチンと報告するかどうか。

命ぜられた通りにやって、その通りうまくいったのだから、もうそれでよいと考える人。

いや、たとえ命のままにやったとしても、その結果は一応キチンと報告しなければならない、そうしたら命じた人は安心するだろうと考える人。

その何でもない心がけ、ちょっとした心くばり方のちがいから、両者の間に、信頼感にたいする大きなひらきができてくる。

仕事には知恵も大事、才能も大事。

しかし、もっと大事なことは、些細と思われること、平凡なことはできないというのは、本当の仕事をする姿ではない。

些細なこと、平凡なこと、それを積み重ね積み重ねきて、そのうえに自分の知恵と体験とを加えてゆく。

それではじめて、あぶなげのない信頼感が得られるというものであろう。




 

  「運命をひらく」 松下幸之助 PHP出版





感想

仕事ができる人、出来ない人の違いはどこにあるのか?

それは仕事に対する真剣度、真面目度、物事を俯瞰的に観れること、知識、判断力・・・・様々な能力が要るように思うが

実は、仕事とは誰がやってもそれほど大差があるものではないと思うのです。

では、どこに違いがあるか?

それは古くから仕事のノウハウとして云われている。

ホウレンソウ

報告、連絡、相談

この3つなのです。

誰にでも出来る、この3つ

簡単なことではあるのだけれど

簡単なだけにおろそかにしてしまいがちです。

報告・・・めんどくさい、明日でいいや、当日になるともういいや

連絡・・・上記と同じ(笑)

相談・・・すぐに相談すると「自分で考えろ」と言われたことがある。そしてしだいに報告、連絡もおっくうになる。

結果、コミュニケーション不足になって信頼関係が崩れてゆく。

なんでもかんでもホウレンソウを行なうかは別として、情報は共有しておかないときめ細かい仕事は出来ないのです。

どこかで小さな穴が空いてしまう。

そのうち大きな穴になってしまう。

取りかえしのつかない事態に発展する。

「報告しといた方がいいかな?」

と自問自答するときに


「めんどくさい」



「でもキチンと報告しといた方がいいよな」

で後から大きな違いになって来るのです。


私は、今、細かいことをキチンとすることの大切さ

ファジー(あやふや)なものをハッキリしていくことの大事さ


を痛感しています(笑)。

小さなことがキチンと出来ないと(波動を細かく、エネルギーを細かくしていかないと)

点は線にはならないのです。

線が交差して立体になってはいかないのです。

カタチになっていかないのです。

カタチにならないと具現化していかないのです。

つまり、成功すること、成就ことはないのです。



  

« 責任を知る | トップページ | 大阪本町ヒーリングカフェ開催のお知らせ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/45628966

この記事へのトラックバック一覧です: おろそかにしない:

« 責任を知る | トップページ | 大阪本町ヒーリングカフェ開催のお知らせ »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ