« 愛のある雰囲気を 2 | トップページ | 人間の本質 2 »

2012年6月10日 (日)

人間の本質 1

 
  
 
五井先生の本の文章をそのまま載せては、あまりにも光が強すぎて、まぶしくてわからないと思うのです。

だから私が薄暗いところに立って(笑)、光と影(暗)の橋渡しをしている。

そう思って最近日記を書いているのです。

今、人間は目覚めのときに来ている、本心が目覚めたがっている、本物とはなにか? 真実とはなにか? 自分とはなにか? を知りたがり、求めている。

だから私のような、真理を追究している者が必要なのだと思います。

そう書くとなにか偉そうに聴こえるかもしれませんが

私も試行錯誤しています。

わからないことがたくさんあります。

みなさんと同じです。

しかし、みなさんよりも少しだけ、真理に足を踏み入れていることは確かです。

次に書く “人間の本質” は、凄い、素晴らしいの一言に尽きます。


みなさん、どうぞ人間の本質とは? に触れてください。



  


   

  

« 愛のある雰囲気を 2 | トップページ | 人間の本質 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/45597777

この記事へのトラックバック一覧です: 人間の本質 1:

« 愛のある雰囲気を 2 | トップページ | 人間の本質 2 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ