« マハトマ・ガンディー | トップページ | しかも早く »

2012年5月22日 (火)

善かれと思って


   
策略があって、作為的になにかをするって気持ちの悪いものです。

「あの人はああだからこういうふうに言って、そうすればこうなるだろう」

なんて考えるだけでも面倒です(笑)。

そんなこと考えなくたって、自分がスッキリしていて、天のおもむくまま、自然体で生きれたら最高だと思うのです。

作為的に生きることと、考えることは違います。

でも、考え過ぎてしまうと

どうしても計算が入ります。

頭でごちゃごちゃといらない計算(勘定)をしてしまうのです。

そして勘定がいつしか感情を生み出してしまう。

「あの人はなにを考えているかわからない」

そういうふうには絶対になりたくない

他人から見ても、自分の心を顧みても

スッキリ、爽やか

そうありたいものですね。

長くなりましたが

松下幸之助さんの「道を開くから」

「善かれと思って」

ご紹介します。





 

善かれと思って


善かれと思って、はからったことが、善かれと思ったようにならなくて、思いもかけぬ反対の結果を生み出すことがしばしばある。

思いが足りないのか、はからいが足りないのか、それにはいろいろ原因があるのだろうが、よくよく考えてみれば、やっぱりそこには、何らかの策を弄したという跡が目にうつるのである。

善意の策も悪意の策も、策は所詮策にすぎない。

悪意の策は、もちろんいけないけれども、しかしたとえ善意に基づく策であっても、それが策を弄し、策に堕するかぎりは、悪意の策と同じくまた決して好ましい姿とは言えないであろう。

つまり、何ごとにおいても策なしというのがいちばんいいのである。

無策の策といってしまえば平凡だけれども、策なしということの真意を正しく体得して、はからいを越え、思いを越えて、それを自然の姿でふるまいにあらわすには、それだけのいわば悟りと修練がいるのではなかろうか。

おたがいに事多き日々、思いもかけぬ悩む前に、時にはこの策なしの境地というものに思いをめぐらせ、心静かに反省してみたいと思うのである。





  
         「道をひらく」 松下幸之助 PHP




  

« マハトマ・ガンディー | トップページ | しかも早く »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/45364380

この記事へのトラックバック一覧です: 善かれと思って :

« マハトマ・ガンディー | トップページ | しかも早く »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ