« やる気を出す方法 2 | トップページ | やる気を出す方法 4 »

2012年5月10日 (木)

やる気を出す方法 3

  

  
なぜそうなっているかというと、

人間のホメオスタシスが影響しています。

ホメオスタシスというのは、生命をキープするために欠かせないもの。

体温や血糖値などを「いつもと同じ状況」にするために働いています。

大脳が発達した僕たち人間の場合は、

思考レベルにもホメオスタシスが働いているそうです。



たとえば、

「やる気が出た!」と思うときがありますが。

しばらくすると、どこかに消えているときがあります。

やる気はいいものだと、あなたは思っています。


ところが、ホメオスタシスからしてみると、

昨日まではやる気を出さずに、

うまく生きてこれたわけですから、

「やる気が出た」= 「異常な精神状態」

という判断になるので、一気にふり戻そうとするのです。


夜中、急にやる気になった。

すごいスピードで企画書を書き上げた。

できたー! これはすごい! とんでもないことが起きるぞ!

と興奮しながら眠りについたが、

翌朝その企画書を見返すと、「えっ? これ、誰がやるの?」


このように、

ドンといったものは、ドンとふり戻される。

がんばってしまうと、必ずふり戻される。




 「ひとり会議の教科書」山﨑拓巳 サンチュアリ出版


  


  

« やる気を出す方法 2 | トップページ | やる気を出す方法 4 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/45209476

この記事へのトラックバック一覧です: やる気を出す方法 3:

« やる気を出す方法 2 | トップページ | やる気を出す方法 4 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ