« 病を味わう | トップページ | 日に三転す »

2012年5月18日 (金)

長所と短所

  
  
  
この世の中は持ちつ持たれつ、人と人とお協同生活によって、仕事が成り立っている。 暮らしが成り立っている。

この協同生活を円滑に進めるためには、いろいろの心くばりが必要だけれども、なかでも大事なことは、おたがいにまわりの人の長所と欠点とを、素直な心でよく理解しておくということである。

そして、長所を、できるかぎり発揮させてあげるように、またその短所をできるかぎり補ってあげるように、暖かい心で最善の心くばりをするということである。

肉体人間は神さまではないのだから、全知全能を人間に求めるのは愚の限りである。

人に求めるほうも愚なら、いささかのうぬぼれにみずから心おごる姿も、また愚である。

人を助けて己の仕事が成り立ち、また人に助けられて己の仕事が円滑に運んでいるのである。

この理解と心くばりがなければ、百万の人も単につのつき合わした烏合の衆(うごうのしゅう)にすぎないであろう。

長所と短所と ━ それは人間のいわば一つの宿命である。

その宿命を繁栄に結びつけるのも貧困に結びつけるのも、つまりはおたがいの心くばり一つにかかっているのではなかろうか。





       「道をひらく」 松下幸之助 PHP






感想

人間が愚かな生きものだとつくづく思うのは、人や自分の欠点ばかりに目や意識がいってしまうということですよね。

探せばいいところがあるのに、そこを見ようとしない。

自分も他人もほめられ、認められたがっているのに自分で自分をほめたりもしないし、認めてやることもほとんどしていない。

ものすごく頑張って、結果が出たときだけ

「自分で自分をほめてあげたいです」(マラソンの有森裕子さん)という心境になるくらいです。

そのとき以外は、ずっと欠点、マイナスをみていることの方が多いですよね。

これでは、いくらなんでも自分がかわいそうです。

人をほめたり、認めたりする前に

自分で自分をほめる、認める、癒すことをしないと他人も同じように接することなんて出来ません。

自分に厳しくすればするほど、厳しい状況になればなるほど

「お前はよくやっているなぁ、こんなこと他の人では出来ないよ、お前だからこそ、乗り越えられるんだ、すごい、流石だ!」

と心の中で言ってあげればいいのです。

本当に認めて欲しいのは

他人ではないのかもしれません。

自分で自分のことを認めてあげることは最上の喜びなのです。

自分でしか自分を癒すことは出来ない・・・・・。

私は、そう思うのです。


  


« 病を味わう | トップページ | 日に三転す »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/45307815

この記事へのトラックバック一覧です: 長所と短所:

« 病を味わう | トップページ | 日に三転す »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ