« 日に三転す | トップページ | 二人の営業マン »

2012年5月19日 (土)

心配またよし


 
何の心配もなく、何の憂いもなく、何の恐れもないということになれば、この世の中はまことに安泰、きわめて結構なことであるが、実際はそうは問屋が卸さない。

人生つねに何かの心配があり、憂いがあり、恐れがある。

しかし本当は、それらのいわば人生の脅威ともいうべきものを懸命にそしてひたすらに乗り切って、刻々と事なきを得てゆくというところに、人間としての大きな生きがいをおぼえ、人生の深い味わいを感じるということが大事なのである。

この心がまえがなければ、この世の中はまことに呪わしく、人生はただいたずらに暗黒ということになってしまう。

憂事の直面しても、これを恐れてはならない。 

しりごみしてはならない。

“心配またよし” である。

心配や憂いは新しくものを考え出す一つの転機ではないか、そう思い直して、正々堂々とこれと取り組む。

力をしぼる。 知恵をしぼる。

するとそこから必ず、思いもかけぬ新しいものが生み出されてくるのである。

新しい道がひらけてくるのである。

まことに不思議なことだが、この不思議さがあればこそ、人の世の味わいは限りもなく深いといえよう。




              「道をひらく」 松下幸之助  PHP



感想


周りの人がみんな善い人ばかりで、お金のことや物質的なこと、健康的なこともな~んにも心配事もない。

そんな状況、状態ってどうなんでしょうか?(笑)


私だったら多分、面白くなくて、自分から旅に出る?

刺激を求めてなにか デンジャラス(危険な)ところに冒険?をしに行くかもしれません。

だから私が今やっていることって結構冒険的な要素があるようにも思うのです。

今の環境と違った環境って

考えられない

みなさんもそうではないですか?

そうでないと自分が自分でなくなってしまう

そう思うのです。


だったらこの環境に本心は、潜在意識(奥深くに居る自分は)では満足しているのです。



だからもっと楽しめばいい

ゲーム感覚で・・・・・。

どうやってクリア(乗り越えて)して行こうか?

そう考えると

なんだかワクワクしてきませんか? わーい(嬉しい顔)

  

« 日に三転す | トップページ | 二人の営業マン »

コメント


  
パンダさん、いつも読んでくださってありがとうございます。

コメントをいただくことが少ない(笑)ので、励みになります。

他の人も、ご遠慮なさらずにご意見とかいただけたら嬉しいのですが・・・・。

よろしくお願いしま~す。happy01

いつも読みに来てます。ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/45321653

この記事へのトラックバック一覧です: 心配またよし:

« 日に三転す | トップページ | 二人の営業マン »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ