« 天命が与えられている 2 | トップページ | 人間とは何かを知ること 1 »

2012年5月30日 (水)

自分の仕事

  
  
  
どんな仕事でも、それが世の中に必要なればこそ成り立つので、世の中の人びとが求めているのでなければ、その仕事は成り立つものではない。

人びとが街で手軽に靴を磨きたいと思えばこそ、靴磨きの商売も成り立つので、さもなければ靴磨きの仕事は生まれもしないであろう。

 だから、自分の仕事は、自分がやっている自分の仕事だと思うのはとんでもないことで、ほんとうは世の中にやらせてもらっている世の中の仕事なのである。

 ここに仕事の意義がある。

自分の仕事をああもしたい、こうもしたいと思うのは、その人に熱意があればこそで、まことに結構なことだが、自分の仕事は世の中の仕事であるということを忘れたら、それはとらわれた野心となり小さな自己満足となる。

仕事が伸びるか伸びないかは、世の中がきめてくれる。

世の中の求めのままに、自然に自分の仕事を伸ばしてゆけばよい。

大切なことは、世の中にやらせてもらっているこの仕事を、誠実に謙虚に、そして熱心にやることである。

世の中の求めに、精いっぱいこたえることである。

おたがいに、自分の仕事の意義を忘れたくないものである。




 「道をひらく」 松下幸之助 PHP出版



 

感想


幸之助さんの意識は高く、神さま、守護霊、守護神の位置から人間を観ているような気がします。

だから大げさに言えば、神さまに代って幸之助さんが今回の場合

「仕事について」神様の言葉を述べられている。

幸之助さんは「経営の神さま」と言われているのは

当然のことであり、自然の姿なのかもしれません。

だから、肉体人間の意識、目線になってしまっている私たちにとって

ハッとするようなことが書かれています。

世の中のために、役にたっていない仕事は

仕事ではない

意識が世の中に向いていないと

それは野心であり、自己中の

ただの金儲けだ!

そうおっしゃっておられるような気がします。


今、いろんな仕事がはびこっていますよね。

私たちがこれからやろうとしていること

やっていることって

どうなんだろう?

世の中から必要とされているものなのだろうか?

これから必要とされるようになるものなのだろうか?

しばし立ち止まって

 “熟考” してみる必要があると思うのです。



    

« 天命が与えられている 2 | トップページ | 人間とは何かを知ること 1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/45466465

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の仕事:

« 天命が与えられている 2 | トップページ | 人間とは何かを知ること 1 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ