« 自分自身の力を信じる 5 | トップページ | 想うことをやめよう! »

2012年4月20日 (金)

自分自身の力を信じる 最終章

  
  

世界平和の祈りを続ければ必ずよくなる


 
皆さんはもう世界平和の祈りを知っていますね。

だから常に、自分が罪を作ってるとか、自分が悪いことをしているとか、そういうことを一切帳消しにしなければいけません。

もし誤って人を恨んだとするならば

“ああこれは過去世の因縁がここで現われてくるんだから、ああ申し訳ない、そんなこと心に起しちゃいけないんだ、神様ありがとうございます、どうかあの方の天命がまっとうしますように”

と、パアッと変えちゃう。

悪い想いが出、悪い行ないが出る、そうした時にもう即座に神様に謝っちゃって、世界平和の祈りの中に入ってしまう。

そうやって常に常にいいものばっかり、いいことばっかり自分の中から出すんですよ。

悪いことはどんどん消えてゆく姿にしてね。

あとはどんどんいいことばっかり、自分がなりたいようなこと、人がなってもらいたいようなことを・・・・・・。

そうすると、一番なってもらいたいことは、世界人類が平和であること。

自分の天命が完うされること。 

そういうことが一番なってもらいたいことでしょ。

それを皆さんは気が付かないうちに、知らないうちに、世界人類が平和でありますように、と言ってるわけです。

日本が平和でありますように、と言っている。

私どもの天命が完うされますように、と一番自分の望むことを唱えているわけね。

毎日毎日、朝昼晩歩いていても、電車に乗っていても、お便所の中でも、食事の時にでも、いつでも世界人類が平和でありますように、とやっているでしょ。

これはただ事でない、大変なことなんですよ。

大変に徳を積んでることなんです。

分かりますか。

何故かというと、もう一回いいますけれども、人間は神の子で、自分自身が創造主なんですよ。

自分の運命を作るのは自分なんです。

誰も他の者が自分の運命を作ってくれるわけじゃないんです。

自分の運命はすべて自分が作るので、どんなに悪いことも、どんなにいいことも、みんな自分が作ったことで、ただその悪いことが現われてくる場合には、過去世の因縁として、それを自分の中に入れておかないで、消えてゆく姿で祈りの中に送り込んでしまえばいい。

だから常に悪が現われたり、不幸が現われたり、自分の中に嫌な想いが現われたら、過去世の因縁としてパアッと切り離さなけりゃいけない。

それで消えてゆく姿にしてお祈りの中に入れてしまう。

それで、今の自分はいいことばっかり、本当にいいことばっかりを思うんですね。

その一番最上のいいことが世界人類が平和でありますように、日本が平和でありますように、私たちの天命がまっとうされますように、という言葉に現われている想いなんですよ。


言葉は即ち神なりき。

だからそれを言葉に現わすと、言葉通りの運命が自分に現われてくるんです。

こういう簡単な原理です。

あまり難しいことはないんですよ。

人間が立派になるのも、運命がよくなるのも、あんまり難しいことはない。

ただひたすら、ひたむきに、たゆみなく飽きないで、世界平和の祈りを続けていれば、必ずよくなるに決まっている。

それは法然、親鸞が、南無阿弥陀仏と言えば、必ずその人たちはいい所へ行くと教えたのと同じであって

それがもっと現代的に分かりやすく、しかも意味がはっきりとれるように説いているのが世界平和の祈りなんです。 (昭和45年3月)




        

           「我を極める」 五井昌久 白光出版





  

« 自分自身の力を信じる 5 | トップページ | 想うことをやめよう! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/44957978

この記事へのトラックバック一覧です: 自分自身の力を信じる 最終章:

« 自分自身の力を信じる 5 | トップページ | 想うことをやめよう! »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ